出戻りってありなの?同じ会社や職場への再転職事情

転職

もし、転職に失敗してしまったら、 「今すぐにでも退職したい。」「離れてから分かったけど前の職場良かった。」「前の職場に戻りたい。」と色々思うことがあるかもしれません。 しかし、理由はどうであれ「この職場は嫌だ!辞めてやる!」という想いで退職したのにも関わらず、また戻ってきたなんて恥ずかしいですよね。 そんな”出戻り転職”による経験と実体験談を踏まえて”出戻り転職”の対処法をお伝えいたします。

出戻りとは

出戻りとは、退職した職場に再就職することです。出戻りした人は、出戻り社員と呼ばれています。

出戻りの理由で多いのが、結婚/出産です。他は、引越しや介護等個人的な理由がほとんどです。

また法律的には出戻り就職は、憲法で「職業選択の自由(日本国憲法第22条第1項)」によって守られていますので、法律違反は犯していませんので安心してください。

転職失敗で出戻り

個人的理由以外には、転職に失敗して出戻りをする場合があります。

実際に、こんな仕事はやっていられない、給料が低い、忙しすぎて辛いなど、様々な不満を抱えて会社を辞め、転職をして起きながら再び同じ職場が恋しくなる方は少なくありません。

正社員だった方が派遣社員やアルバイトを経験して、やはり正社員として採用されたいけれど、ほかによい条件のところがないケースや、正社員として意気揚々と転職したものの、思っていたのと違っていたケースなどです。

他の職場や他の仕事の方がよく見えたのに、実際に働いてみたら、前の会社の方がよかった、ずっとマシだったと思う方は少なからずいます。

他で働いてみて初めて、以前の勤務先は恵まれていたと感じたり、自分に仕事や職場の雰囲気が合っていたと感じたりする方、同僚や先輩と馬が合ったと感じる方もいるのです。

働いているときには隣の芝生が青く見えたのに、実際に行ってみたら違ったというものです。

転職失敗による出戻りは少なくない

転職してみて、やはり以前の職場の方がよかったと出戻ってくる方はいるのでしょうか。

一度会社を退職してしまったら職場の人達とは縁が切れますし、他の会社へ転職するということは「裏切者扱い。」をされているようで戻るなんてなかなかできない。

自分自身もどこかで「一度辞めたのは裏切りであり、出戻りすることは後ろめたい気持ち。」があったかもしれません。

きっとこれは日本特有の村社会文化でまだまだ終身雇用が残っていますし、「あいつ辞めたのに何で戻ってきたんだ。」と気にする人は気にするかもしれません。

しかし、自分が楽しい人生を生きていく為には他人に後ろ指刺されようが気にしないメンタルも必要です。その選択肢を選んだのですから。

 

また出戻りをするのは恥ずかしくてできないと思われそうですが、実際にはけっこういるものです。

出戻り社員ばかりといった面白い会社もあったりします。

もっとも、一度会社を辞めた本人がやはり戻りたいと思うのはいいとして、辞めた勤務先が受け入れてくれるのかと不安に思いませんか。

職場に不満をぶちまけたり、ほかにやりたい仕事があるなどと辞めたりしておきながら、再び雇ってくれなんて虫が良すぎて、そもそも採用してもらえないと思う方も多いことでしょう。

辞めた会社に戻るのは可能?

意外に思われるかもしれませんが、いったん辞めて他で働いた人を再び採用する会社は少なくありません。

それはなぜかと言うと、採用のリスクを抑えられる点と、人材育成の手間やコストが抑えられる点が挙げられます。

採用のリスクとは人材のミスマッチや、コストや手間をかけて採用したにもかかわらず、すぐに辞められてしまうリスクなどを言います。

意欲満々に思えたのにやる気がない、優秀そうに思えたのに仕事ができないミスマッチ人材を雇ってしまったり、求人広告費用や人材紹介会社の利用などでコストをかけたのにすぐに辞められたりしてしまえば、企業としては損失も大きなものです。

この点、以前働いていた出戻り社員なら、どんな人でどんな仕事ぶりであったかはわかりますし、出戻りしてすぐに辞めるリスクはないだろうと推測ができます。


また、以前仕事をしていたわけですから即戦力として業務に戻れ、人材育成コストや時間を割かずに済みます。

こうした点から、ほかによい人材の応募がない、人手が不足しているといった事情があれば、すぐに再び採用をしてくれるケースが少なくありません。

迎える職場の雰囲気や反応は?

人間関係がよほど悪かったケースを除けば、迎える職場の雰囲気もおおむね良好です。
そもそも、出戻りしてくるケースは人間関係については大きな不満がなかった方が多く、そうでないと再び働こうとは思わないでしょう。
出戻るにあたって、仲がよかった同僚や先輩、お世話になっていた上司が、上層部や人事部などに口利きをしてくれて出戻りが実現するケースも少なくありません。

まとめ

意気揚々と転職したものの、想像していたものと違った、前の会社のほうが人間関係もよくやりがいがあった、という方は少なくありません。
会社としても出戻りの人は非常に雇いやすいです。即戦力のパターンがほとんどで、他を経験したからこそ、次はなかなかやめないだろうと推測もできるからです。
なので、育成にかかるコストや時間を省くことができ、会社にとってはメリットが多いからです。

出戻りしたいという人の多くの声は、新しい仕事が思いのほかやりがいがない、新しい職場で人間関係がうまくいかない、労働時間が長くサービス残業をさせられる。などといった、採用条件の時には見えないことでのトラブルについてです。
事前に転職する際にどういった社風なのか、仕事内容なのかはできる限りわかっておいたほうが、転職失敗は少なくなりますね。

CONTACT