夫が転職したいと言い出したらどうする?転職の不安解決法

転職

転職を妻に反対されそうで内緒にしてしまうケース

夫は一家の大黒柱として家族の生活を支えているケースも多いほか、妻との共働きの場合でも2人で住宅ローンの返済をするなど夫婦の収入が家計に大きく影響を与えている場合が少なくありません。
そのため、夫に安定した収入があることは妻にとっては生活を続けていく上で重要なカギを握っています。
夫もそのことを理解しているため、今の仕事を辞めて転職したいと思った場合、妻には内緒に進める方が少なくありません。
転職先が無事に決まった段階で話をすれば、転職がスムーズに行くと考えているためです。
ですが、ここが夫の考えの甘いところです。
今の仕事を辞めると知れば、大反対の声が浴びせられるなど、少なくともいい顔はされません。

大切な転職を相談しなかった憤り

夫としては今の会社を辞めて転職活動をすると言えば、生活面などに不安を持たれるだろうと考え、新しい職場を決めてから話せば安心してもらえるだろう、賛成してくれるに違いないと思い込んでいます。
ですが、妻の反応は違います。

転職という重要なことを夫婦なのに話してくれなかった、自分に相談もなく新たな転職先を決めてしまったと怒ってくるわけです。
よほど今より名の知れた一流企業などであれば別として、キャリアを積み上げてきた今の会社を捨てて、新たな知らない企業などに転職することに大きな不安を覚える妻も少なくありません。
何より、秘密裏に行ってきたことが気に食わず、ましてやこれまで勤めていた会社をすでに辞めている場合には子供を連れて実家に帰られてしまうかもしれません。
夫婦や家族の生活にもかかわる重要なことを1人で決めてしまったと怒り心頭で、夫婦の信頼が裏切られたと思われてしまうからです。

夫が転職を相談しなかった場合は、夫の心配事・妻への配慮の未熟さなどが考えられますが、一度冷静に受け止めて転職について二人でしっかりと話し合う機会を持ちましょう。

夫が給与よりもやりたい仕事や職場環境を優先しているケース

夫が転職を決めた理由には様々あると思います。
ほかにやりたいことが見つかった、もっとチャレンジしてみたいといったポジティブな理由から、今の仕事が辛い、労働時間が長すぎて肉体的にも精神的にも過酷といった理由や、上司や取引先のパワハラなどストレスなどもあるかもしれません。
ですが、妻がまず気にするのは、それで生活をしていけるのかという点です。
家族のために多少のことは我慢して頑張って欲しいという方もいることでしょう。
また、夫婦間のコミュニケーションが不足していて、精神的に病んでいるのを夫も話さないので、夫が転職したがっている理由を嫁が理解しにくい状況も問題があります。

生活環境の変化に対する不安を夫に相談しましょう

妻には妻の生活やライフスタイルといったものがあり、今の住んでいる場所は自分の実家に近くて子育てを頼れるとか、仲のいいママ友がいる、自分の職場に通いやすいなどのメリットが構築されています。
にもかかわらず、一方的に夫の一存で転職すれば、勤務地が変わって引っ越しを余儀なくされる場合や転勤族となるかもしれません。
今の生活環境が変わることへの不安や、夫の転勤を優先させて自分が仕事を辞めなくてはならないかもしれない、子供を預ける実家や保育園が見つからないかもしれないといった不安で反対する妻も少なくないのです。

もし生活環境の変化に不安がある場合は、具体的な生活環境の変化を例にあげて、夫に相談してみるべきでしょう。

 

まとめ

夫が転職を妻から拒まれる理由は、給与面、勤務地変化による環境の変化、それに伴う人間関係の変化といったものが考えられます。
また夫の転職理由も、給料を上げたい、もっとチャレンジしたいなどポジティブなものもあれば、労働時間が長い、今の仕事がつらいなどネガティブな場合もあります。

それを事前に夫婦間でコミュニケーションをとっていることにより、お互いの理解度もかわってきます。

やはり、夫婦間で大事なのは普段からのコミュニケーションでしょう。
夫が仕事において何を大切にしているのか、妻が夫の仕事に対して、何を求めているのか、きれいごとなしの相互理解があれば、隠すこともなく転職活動を進められますし、また転職活動が夫婦の望むものでない場合は転職をやめる判断もできるでしょう。

CONTACT