退職代行を使うべき?自分で言うべき?会社を辞めるときの罪悪感が消えない

退職

話題を集める退職代行サービスの内容は

会社を辞めたいときには事前に上司などに相談し、会社の就業規則などに応じて辞めたい予定時期の1ヵ月前くらいまでに退職届を出して業務の引き継ぎなどをしなくてはなりません。
少子化による労働者不足の影響もあり、あらゆる業種において人手が足りない中、辞められては困ると引き留められる場合や業務が常に多忙を極め、同僚や部下を残して辞めにくいと思ってしまう方もいます。
また、近年ではテレビのニュースなどでも取り上げられるようなパワハラ問題の横行やブラック企業問題があり、過酷な環境下で労働を強いられ、逃れたいと思いながら辞められずにいる方も少なくありません。
そんな状況下でスムーズに会社が辞められるようサポートしてくれるのが、退職代行サービスです。
会社という組織としてサービスを提供しているところ、弁護士事務所や行政書士、社会保険労務士や司法書士などの事務所などで提供しているサービスもあります。
基本的なサービスとして、本人が辞めたいと相談して依頼をすると、本人に代わって会社に電話をかけるなどして接触を図ってくれます。
その上で事情を説明することや本人が辞めたいと言っていることを伝え、会社から本人宛てに退職書類を送付するよう依頼をするサービスです。
実際に退職手続きを行うのは、あくまでも本人と勤務先の会社です。
退職代行サービス業者は間に入って本人の退職意思を伝え、退職手続きをしてくれるよう勤務先に依頼するにすぎません。
もっとも、多くのケースで会社がその求めに応じ、対面の手続きなく書類を郵送するだけで退職ができたりすることも多いのです。
また、退職の意思と退職希望日を告げてもらい、退職の了承を得たあと、引き継ぎのために出社して予定日に辞めるという方法もとれます。

退職代行を使うと罪悪感が出てくる!?

退職をするなら、自分できちんと会社に伝えたい そう思うのも当然でしょう。

しかしながら、会社上司や社長との関係性が悪くなっている中でなかなか退職を言い出せないのも確かです。

またパワハラや残業代が出ないなど、会社側に問題がある場合は、退職時に嫌がらせ(退職日の短縮・有給休暇の消化NG・離職票が届かない)を受ける場合も多いです。

状況が悪化しないよう退職代行を使って正しい処理をしてもらうことも大切です。

ストレスのかからない方法で、新しい職場で心機一転しましょう。

 

今すぐ辞めたい人に心強い味方

ブラック企業に勤務してしまい、過重労働を強いられ心身ともに疲弊しているのに辞めようとしても辞めさせてくれないといったケースや、残業代や給与の未払いなどがあり、もう会社とは縁を切りたいのに脱出できないようなケースで利用する方が増えています。
また、パワハラ上司のため、辞めたいと言えないケースや、オーバーワークやパワハラ、セクハラや職場のいじめなどで心身を病み、メンタルヘルスに異常をきたして今すぐ辞めたい、もう会社には行きたくないといった方にも心強い味方となってくれることでしょう。

辞めたいけれど辞められない人に嬉しい味方

キャリアアップや収入アップ、より職場環境のいい会社で働くため、転職を決めたのに辞められない、辞めにくいといった方も少なくありません。
業務が多忙でみんな頑張っているのに今辞めたら悪いと罪悪感や責任を感じてしまう方や、お世話になった職場の人や担当している顧客や取引先に悪いかもと退職を言い出せずにいる方も意外に多いものです。
自分で退職の申し出をする勇気がない方や、上司などに相談した際に遺留されると、それ以上強く言えずに引き下がってしまう方にとっても、退職代行サービスは嬉しい味方になってくれます。

パワハラやブラック企業から逃げる手助けを

パワハラ問題の横行や、ブラック企業問題の中、現在話題を集めているのが退職代行サービスです。
会社と本人の間を取り持ち、スムーズに退職へと促してくれます。
法律問題にも詳しい方がほとんどのため、心強い味方となります。

もちろん退職代行サービスにはお金がかかりますが、残っていた有給消化などの知識も教えてくれることがほとんどのため、場合によっては一人で辞める時よりお金が増える方もいらっしゃいます。
退職の意思はやはりどなたも伝えにくいものですので、最近多くの人が使うようになっております。

CONTACT