【闇深】転職口コミサイトが危険な理由byなんちゃってG社長

転職

概要

ども、なんちゃってG社長です。

今回は転職口コミサイトの実態を露呈させてますので、一緒に汚いケツも露呈させちゃいましょう。

今多くの人が企業選びをするときに転職口コミサイトを使っていて判断を大きく左右される人が多いと感じています。

もし転職口コミサイトを判断基準の上位においているという人は、その判断の仕方は危険なので、この動画を見て転職口コミサイトの見方を改めて欲しいなと思います。

では気持ちよくなってきましたので、次にいっちゃいます。

危険な理由

転職口コミサイトの危険な理由ということで3つに分けて理由をお話していきます。

1つ目の理由は誰でも投稿できるからです。

使っていたらわかっていることだと思うんですけど、誰でも登録しようと思えば登録できて投稿ができます。

リアルのシチュエーションで例えるなら、近所を歩いていて通りすがりの人に「まるまる株式会社に勤めてたんだけど、あそこ寝泊り仕事ばかりだよ」と言われてるのと同じです。

会社の人が投稿しているかもしれないし、本当に退職者が投稿しているかもしれないし、全く関係ない人が投稿しているかもしれないってことです。

 

2つ目の理由は事実確認をしていないからです。

1つ目と被るんですけど、登録した人が実際に口コミを投稿した企業に在籍していたかの事実確認はしないのと、投稿内容の事実確認もしていません。

多くの方がサイト内に並んでいる口コミを目にしたとき信憑性があると信じてしまいがちですけど、誰でも投稿できて事実確認をしていないので、鵜呑みにしてしまうと危ないです。

あと、転職口コミサイトの信用できるランキング的な記事が調べると出てくると思うんですけど、あれ転職口コミサイトの運営側が報酬を支払う形式のアフィリエイト記事もあるので、覚えといてください。

 

3つ目の理由は主観が入るからです。

投稿する人の大半がめちゃくちゃ勤めてた会社のことが好きな人か勤めてた会社に不満を持っているかのどちらかで特に不満もなく、好きでもなくの人は動機が弱いので、ほぼ投稿しないです。

好き、不満は両方とも主観が入りやすくて不満の例なら、「仕事があっていなかった」とか、好きの例なら「管理職が親身になって相談みのってくれるし、ちゃんと評価をしてくれていた」とかです。

その投稿した人はそう見えているだけで他の従業員はどう見えているかわからないということです。

あとは不満を持っている人の中には恨みから愚痴をブチまけて憂さ晴らしをしている可能性も大いに考えられます。

まとめ

以上が危険な理由3つになります。

転職口コミサイトは情報の質が良くないので、判断基準の上位に置くことは危険ということであくまで参考程度の情報として考えた方が良いです。

情報の質を良い順にすると、実際に働く、実際に働いている知人や友人から話を聞く、採用担当に聞く、その他です。

実際に働くはできないとして実際に働いている知人や友人に聞けると良いのですけど、難しいなら採用担当に全て聞いて判断するのが良いです。

ただ聞くとしても内定が出てからです。

今の採用方法だと面接時は見られる側でやたらめったら質問をすれば、マイナスの印象を抱かれる可能性があるので、今の採用方法に合わせて受かりやすさを考えるなら内定が出てから懸念点を聞いていくと良いです。

あと心配するのが採用担当が嘘をつくかどうか何ですけど、可能性としては低いです。

嘘ついて入社したとしても離職する可能性が高く、採用コスト、時間が双方無駄になるからです。

ただ中には入社前、入社後で言っていることと違うということはあるので、

口だけの水掛け論にならないように慎重にいくならちゃんと書面なりで残して置くと良いです。

これは転職口コミサイトに関わらず何かしらの情報をネット等で取り入れる時も同じなので、気をつけてください。

最後に私の場合は、証拠がある情報以外、要するに100%信憑性がある情報以外は全て頭の隅で嘘の可能性もあることと嘘だった時どうすれば良いかも予め考えて判断します。

嘘だった時のダメージも軽症で済むからです。

今回はこれで以上です。

youtubeでも解説していますので、お時間があればどうぞ。

※汚い言葉等が使われているかも知れませんので、ご視聴にはご注意ください。

[Twitterアカウント]

@select_wall

https://twitter.com/select_wall

CONTACT