未経験からでもキャリアアップが目指せる!?ITエンジニアのキャリアパスと年収

人気

未経験から始めやすいITエンジニアとは

ITエンジニアと言ってもさまざまな職種があります。
まったくの未経験からの転職や就職であれば、セールスエンジニアと呼ばれる営業職、プログラミングなどの基本的なスキルを有しているのであれば、プログラマーやシステムエンジニアなどが業界未経験でも入りやすい職種と言えるでしょう。
営業というと業界を超えてチャレンジできそうですが、セールスエンジニアは商品やサービスを技術的な観点からサポートできる知識が求められます。
ITにまったく無知だと難しいかもしれません。
自社のシステムを理解し、他社との違いを説明できること、システムの開発やカスタマイズのための要件とりまとめと見積もり、クライアントの悩み解決や業務に最適な商品・サービスの提案ができることが必要です。
もちろん、未経験から採用されて研修や先輩エンジニアとの同行をしながら、知識の習得と経験を積んでいけます。
ただし、キャリアパスとしては未経験からセールスエンジニアとしての営業を始めるより、ITエンジニアの中でも技術面でブラッシュアップができるプログラマーやインフラの開発から始め、知識や技術に自信がついた際に人前に出る仕事や持ち前のコミュニケーション力を生かしたい方が、セールスエンジニアへとキャリアアップしていくケースも少なくありません。

ITエンジニアのありがちなキャリアパス

ITエンジニアは職種も多様なうえ、企業の規模などによっても用意されているキャリアパスが異なります。
かつては、プログラマーからシステムエンジニアへとステップアップし、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーの流れが一般的でした。
ですが、近年はプログラマーのキャリアパスも多様化しています。
また、業務開発系のエンジニアやインフラエンジニアの場合は専門技術のスペシャリストとして、ずっと同じ職種のままでスキルを高めていく方が多いです。
システムエンジニアの場合は高いポジションを目指す人が多い傾向があり、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーを経て、ITコンサルタントというキャリアパスが主流になってきました。

 

ITエンジニアの年収は企業規模や業種に左右されやすい

ITエンジニアの年収は250万円から1000万円を超える方までおり、職種や技術レベル、経験の差よりも、勤務先の規模や業界に影響されることが多いため、注意が必要です。
大手企業の協力会社や下請けとして、ハイレベルな仕事ができるのに勤務先が中小企業やベンチャー企業であるがゆえに年収が低いケースもあるためです。
たとえば、大手企業のシステムエンジニアの年収は400万円〜900万円の幅であるのに対し、中堅企業の場合は350万円〜650万円、零細企業の場合は約300万円〜600万円となっています。
また、業界でも差があります。
システムエンジニアとして仕事をしている中で、最も年収が高いのは金融・保険系で744万円、次が外資系やコンサルティングファームで689万円、3番目が総合電機メーカーで660万円でした。
優れたセキュリティ対策と信頼性が求められる金融・保険系は、技術が高く、倫理観が高い人が必要で、その分、年収が高い傾向にあります。
もっとも、年収が高いほど勤務時間が長く休みも取れないといったハードワークの傾向があるため、年収と働き方の自分なりのバランスを取る必要があるでしょう。

CONTACT