コロナの影響で増えているWeb面接の対処法と選考に通るためのポイント

採用

油断できないWeb面接

コロナ感染の拡大で外出自粛要請や3密の回避が求められる中、企業の就職や転職の面接もWeb面接を導入するケースが増えてきました。
初めての経験に戸惑いを感じている人もいれば、移動時間を省いて自宅で面接が受けられるのは、気持ち的にもリラックスしてうれしいという方もいるかもしれません。
ネット接続やカメラワークが得意といった方なら、Web面接の方が楽ちんと思われるかもしれませんが、油断は大敵です。
実際に会っての面接ができないからこそ、企業の担当者はWebに映し出される映像や、突っ込んだ質問を通じて、その人柄や意欲を知ろうと試みているからです。

事前準備をしっかりと

Web面接を受ける際は自宅の自室や、1人暮らしをしているキッチンやリビングなどの部屋にパソコンやタブレット、スマホなどを並べて撮影に臨むという方が多いのではないでしょうか。
背景のセッティングはできていますか。
面接官にはあなたが映し出される背景が目に入り、気になっています。
周囲が散らかっていたり、ポスターなどが張り巡らされていたりと、面接にはそぐわないような環境であると、自社への入社意欲は低いのではないかと感じることが多いをされます。
面接を受ける環境を整理し、背景が白一色の壁などシンプルな場所をセッティングしましょう。

見た目を整えマナーをわきまえる

自宅だからカジュアルな服装でいいわけでもなければ、すっぴんで臨んでも映像ではわからないだろうなどと思ってはいけません。
スーツやネクタイなど本来面接に行く際の服装を用意し、ヘアスタイルの乱れを整え、女性ならナチュラルメイクをして臨みましょう。
映像を通じるからこそ、顔がぼやけるなどして顔色が悪く映ることもあるので、事前にカメラチェックをして少し明るめな元気メイクをするのもオススメです。

通信状態のトラブルへの対応力

Web面接の注意点は通信状態にあります。
回線スピードの速い環境を持っていても、リアルな映像の送受信に耐え切れず、回線が乱れたり、肝心なところで話が途絶えたり、画面がストップすることもあります。
通信トラブルが起きると、面接でマイナス評価がされるわけではありません。
これはお互いに仕方のないこととも言えます。
面接官が見ているのは実は、通信トラブルが起きたときの対応力です。
何事もなくスムーズに済めば、それはそれで結果オーライになりますが、万が一トラブルが発生した際に、どのような対応ができるのかがチェックされています。
臨機応変なトラブルの対応力が、入社後の業務で急なトラブルが発生したときの行動とリンクすると考えられるためです。
対面の面接では、実は面接官は受付での対応や待合室での待ち方、他の応募者との接し方をチェックしていると言われています。
人柄や社会人としての素養などを確認する材料になるためです。
もっとも、Web面接ではそれができない分、通信トラブルが起きた際にどのような行動や言動をするのかがチェックされています。
質問が途切れて聞こえなかった際の確認のし直しや、自分のPRをもう一度と言われた際の対処力を検討しておきましょう。

CONTACT