コロナの影響で転職市場にも変化が!今は転職しにくい時期?

転職

コロナで失業する人が増えている

まず、ちょっと注意しなくちゃいけないポイントとしては、コロナウィルスによって倒産したり、部署整理などで失業したりする人が増えています。
このため、失業する人が増えていて、全体的に仕事をしたい人や新しい仕事を求める人が多くなっています。
なので、あまり転職にはいい時期とは言いづらく、ライバルが多くなっているので、あまりいい時期とは言いづらいかもしれませんね。
ただし、だからといってまったく転職がないわけではありません。

それでも求人はいっぱいある

コロナウィルスによって失業者が増えているとはいえ、それでも求人はいっぱいあります。
というのも、基本的に常時人不足の企業は多く、常時求人を出している企業はかなりあります。
なので、別に求人がまったくないかというとそうでもありません。
意外と多くの企業が募集をしていますので、求人をチェックするのは大事ですね。

未経験者・キャリアチェンジは厳しいかも?

ただし、特徴としては1つ大事なことがあります。
実は今は、未経験者やキャリアチェンジをしたい人向けの採用、いわゆるポテンシャル採用などは厳しいかもしれません。
というのも、不況になって失業する人が増えると、その仕事の経験者が転職市場にいっぱい出てくるので、経験のある魅力的な人が増えてきます。
そうなると、キャリアチェンジや未経験者をあえて採用して自社で育てる必要はなくなりますよね。
このため、キャリアチェンジや未経験者採用を使って転職したい人にはかなり厳しくなる可能性もあります。

経験者には有利な時代に?

裏を返せば、経験者には有利な時代が到来するかもしれないと思うかもしれませんが、そうでもありません。
というのも、経験者であってもある程度働ける人ならすぐに採用されますし、経験者が転職志望者として出てくる機会も増えますので、比較されることも増えるでしょう。
慢性的に人が少ない時代ではありますが、経験者同士でも同じ仕事を求めるため、当然ですがライバルも増えます。
その中で席数や人数を増やすことはあまり考えにくいので、少ない席を狙う時代となるでしょう。
ただし、建築やサービス業などの一部の業界はむしろ求人が増えていますから、ねらい目かもしれません。
とくに建築系の技術職はいまだに求人が増えていますし、サービス業の求人はいつも多くなっています。

様子見するのも堅実かも

もし今は就業しているというのなら、様子見をするのも方法かもしれません。
というのも、コロナの状態は先が読めません。
企業も正直な本音は「採用活動なんかやってる場合じゃない!」という感じが強いようです。
なので、無理して応募するのが得策とは言いにくいかもしれないのです。
オンラインでのスキルアップをしたり、業界研究や職業研究を行う、履歴書や職務経歴書などの制作やたな卸しをしたりして、いざという時に良い求人があれば積極的に応募してみましょう。

CONTACT