シフト制と土日休み、どっちがいい?あなたに向いている方は?

働き方

先の見通しがしっかり立てられる方がいいなら土日休み

まず、先の休みの予定がしっかり立てられる方がいいなら、土日休みの方がいいでしょう。
土日休みはカレンダー通りの休みですし、祝日があればその祝日にも休めるでしょう。
基本的にカレンダー通りにできるなら、土日休みの方がオススメです。
一方、シフト制の場合はそのときによって休みのタイミングは違います。
このため、土日にとくにこだわらないのならば、シフト制の仕事をあえて選ぶのも方法です。

平日にもお休みがあるといいならシフト制

次に、シフト制の場合はカレンダー通りではないのが大きなポイントになる場合も多いのです。
シフト制だと平日の昼間にゆったり休めますし、人が多くないときに優雅にショッピングできたり、廃車やエステの予約も簡単にできたりします。
また、土日ほど倍率が高くないのでイベントに参加するチャンスも増えます。
なので、あえてシフト制を選ぶ人も多いです。

いつも固定して働きたいなら土日休みがいい

土日休みだと仕事のリズムの固定や、仕事の量や進めるテンポの管理もしやすいでしょう。
この場合、土日休みではなく平日休みや不安定な休みよりも、土日休みで固定している方が向いています。
ただし、土日休みの場合はだいたい平日昼間は働き、夜や土日に休みを取るスタイルです。
これが向かない人もけっこういますので、気をつけておきましょう。

働く時間帯が違う可能性もあるけど、シフト制ならそれもよし

一方、シフト制の場合は必ずいつも同じ時間に働くとは限りません。
たとえば、お店や工場にずっと人がいるように工夫するため、ときお昼過ぎから働いたり、夜に出勤したりするシフトもあります。
こういった変動シフトの場合は、シフトによって休みだけではなく働く時間帯も違いますので、とき夜や昼に通勤する楽しみもあるでしょう。
とはいえ、こういった変化を楽しめる人ならシフト制も楽しいものです。
ただし生活リズムが崩れやすくそれが心や体に影響を出すこともありますので、気をつけておきましょう。

休みの変更がしづらいのが土日休み

土日休みの人の場合は休みの変更などがしづらいこともデメリットです。
実はシフト制の場合は、働く人同士で働く時間帯や休みの交換もできますので、休みの変更が比較的簡単です。
急な用事などができても代わりの人を立てられるなら簡単に対応できますが、土日休みの場合は平日に急に休みができても移動しづらく、職場に迷惑をかける機会も増えるでしょう。
とはいえ、平日休みにもシフト制にもそれぞれメリット・デメリットがあります。
実は職業によってはシフト制のみのところもあり、中には選べない場合もありますので、自分が希望する仕事や職種はどういう休みのスタイルが多いのか、チェックしてみるといいでしょう。

CONTACT