テレワークとリモートワークの違いとは?徹底分析

働き方

今話題のテレワークとは?

コロナウィルスの活動自粛によって大きな注目を浴びることになったテレワークですが、似たようなワードとしてリモートワークと呼ばれるものがあります。
それぞれの働き方は同じようなものに感じますが、それぞれは同じものなのでしょうか。
テレワークとは情報通信技術を使って場所や時間にとらわれることなく働くスタイルのことです。
テレワークのテレとは遠隔を意味しており、ワークは働くと言う意味ですから、遠隔地で働くという意味があります。
ワークライフバランスを実現し、労働力人口の確保や地域の活性化にも役立つ働き方改革の一環として始められています。
テレワークはアメリカで生まれたと言われており、1970年代にロサンゼルスで自動車の大気汚染問題になり、石油危機も生じたことでそれぞれの問題解決策として会社に出勤せず自宅で仕事を遂行する方法として生まれたと言われています。
一方日本にテレワークが初めて導入されたのは1980年代のことです。
1984年、吉祥寺にNECのサテライトオフィスが誕生し、ここで初めてテレワークが導入されることになりました。

リモートワークとは

リモートワークは、元々英語でも使われている言葉です。
こちらも和訳すると遠隔で働くという意味を持ちます。
つまり言葉で言うとまったく共通の意味になります。
いずれも会社から離れた場所で業務を行う勤務スタイルをリモートワーク、テレワークと呼ぶのです。

テレワークとリモートワークはまったく同じと考えて良い?

言葉のうえでは確かにそれぞれ会社で離れた場所で仕事を遂行するという意味では同じです。
ただし、国からは場所や時間を有効に活用する柔軟な働き方としてテレワークは定義されているのが特徴です。
テレワークには、具体的に時間が明記されている点に違いがあると言えます。
つまり、テレワークは、働き方改革の一環でもあることから、働く場所だけではなく、時間においても柔軟に対応することを重視したスタイルと考えて良いでしょう。
また、リモートワークは、基本的にチームで働くという意味が強いことが挙げられます。
リモートワークという言葉を利用するのは、IT系やWeb業界で働くエンジニアやデザイナーなどが会社以外の場所で働く場合に使われることが多いと言われています。
基本的にこれらの職種は、仕事はチーム一体になって1つのシステムを作成したり、プロジェクトに取り組んだりしていきますが、とくに同じ場所に要る必要がありません。
自宅やカフェ、コワーキングスペースを使って、1つのシステムを作るためにそれぞれの専門スキルを作って、離れた場所でもSNSやチャットなどを利用して密な連絡を欠かさないことで業務を成立させられます。
そのため、ITやWeb業界では離れた場所でチーム一丸となって働くスタイルとしてリモートワークというワードを使用しています。
一方のテレワークはいずれの業界にも使われるワードで、もちろんITやWeb業界においてテレワークと使っても問題はありません。
テレワークとリモートワークの違いは?と問われたなら、それはリモートワークはIT系やWeb業界においてオフィス以外で働くスタイルであり、テレワークは時間を有効活用してオフィス外で働くスタイルの一般的な呼び方と言えるでしょう。

CONTACT