退職したいけれど辞めさせてくれない!退職できない人の特徴と理由

退職

退職したいのにできない人たちの事情

「もうこの仕事はしたくない」「この会社にはいられない」と精神的、肉体的に嫌気がさす人や追い込まれているのに辞められない人がいます。
また、より自分が活躍できるところで働きたい、もっと収入を得たい、キャリアを高めたいと転職願望がありながら辞められずにいる方も少なくありません。
なぜ、退職したいのに退職できずにいるのか、その理由や事情、背景を探っていきましょう。

会社への恩義がありこれまでのキャリアを捨てきれない人たち

部長クラスなどの管理職層やキャリアの高い人たちの中には、他社からヘッドハンティングを受けたり、よりいい条件の転職先があったりして気持ちに迷いが出ている方もいます。
ですが、実際には辞められない、決断がつかない方が少なくありません。
ここまでなったのは会社のおかげと恩義を感じたり、部下やチームのメンバーをおいて出ていけないと感じたり、自分がいないとまとまらないと思って辞められないのです。
また、これまで築き上げてきたキャリアや役職を捨てきれない人、新たな職場やポジションで本当に今よりよい状況になるのか不安という方もいます。

部下や同僚を残して去れない人たち

職場が忙しすぎる、人手不足といった事情があり、部下や同僚などを残して辞めることができないという方もいます。
また、退職の意思を表明したところ、人が足りず、今辞められると困ると言われ、辞められなくなってしまう方も少なくありません。

取引先や顧客にうしろめたさが残ってしまう人たち

営業職などで自分が無理を言って契約してもらった顧客や取引先などがいる場合に、なんとなく後ろめたさが残って辞められない方もいます。
また、自分が担当を外れたら申し訳ないと責任を感じて辞められない方もいることでしょう。
看護師や介護職の方にも多いケースで、人手不足の状況で自分が辞めたら、患者さんや入所者が困るに違いないと退職したくても思いとどまっている人は多いものです。

家族の反対や周囲の目や声が気になる人たち

今の仕事が合わない、オーバーワークを強いられ肉体的、精神的に辛い、ほかにやりたいことがあるなど辞めたい事情があるのに、家族の反対がある場合や家庭の事情や周囲の目を気にして辞められない人もいます。
一流企業や収入が高い会社に勤めていて、転職や退職を家族が反対する、家族を養わないといけないから辞めるに辞められない方は多いです。
また、心身に不調をきたして辞めることや、無職になることの社会的体裁が気になって辞められない方も少なくありません。

パワハラ上司に言えない人たち

パワハラや職場のいじめなどに遭っていて辞めたいのに、退職を申し出る相手がパワハラ上司であることや、パワハラ上司や職場内の報復などが怖くて辞めたいと言えずにいる方もいます。

ブラック企業で辞められない人たち

過剰な長時間労働やワンオペを強いられたり、残業しても残業代を支払ってもらえたりしないなど人間を人間とも思わないようなブラック企業に勤めてしまったケースでも、辞められない人が多い現実があります。
辞めるということさえ許されない雰囲気や「辞める」と言えば脅されたり、暴力を振るわれたりするようなブラック企業もあるためです。

転職して次の一歩を

多くの人々が、キャリアアップを目指したり現在の職への不満を感じていても、会社への恩義や同僚への後ろめたさ、はたまた上司からの圧力などでやめられないと感じております。

恩義や、周囲への責任感が強いとなかなか次への一歩が踏み出せませんね。
冷たいといわれることもあるかもしれませんが、今一度どちらの選択が自分にとって利益になるか冷静に考える能力も、転職の際には必要になってきます!

CONTACT