会社を絶対に辞めれる退職理由と方法 言わない方がいい退職理由とは

退職

仕事辞めたいけど、退職を言い出す勇気が無い。退職する理由は絶対聞かれるし面倒だな。ブチる方法以外ですぐに退職できる方法はないかなぁ。とお考えの方へ絶対に辞められる退職理由をご紹介します。

退職することは言い出し辛いですし、会社にもよりますが退職を伝えた後の引継ぎ期間でも「あいつは辞めるんだ」と裏切り者を見るような視線が気になると思います。

どうしてもすぐに辞めたい場合は辞めるしかありません。辞める最終手段と言わない方がいい理由をお伝えいたします。

何らかの理由で退職を言い出し辛く、”ブチる”新卒や現代人が多発しているとよく聞きます。

そこまでさせた会社にも責任があるかもしれませんが、せっかく社会人になったからには責任を持ち、けじめをつけたほうがいいですよね。

”ブチる”という事は派遣やアルバイトの方でもよくあるらしいですが、正社員でも非正規でも一緒です。”ブチる”という事は会社に迷惑が掛かるので控えて下さい。

しかし、会社が”辞めさせてくれない”ケースもあります。

そんな人にとって、すぐに辞めれる退職理由と最終手段をお伝えいたします。

なぜ退職を言い出し辛いのか。言える勇気を持つ

よく「退職を言い出せない。」「仕事を辞めると言う勇気がない。」という言葉を頻繁に聞きます。

大変お世話になった上司や、得意先、一緒に働いていた仲間に恩がある。

仕事を辞めることはこの恩を仇で返すようなものだ。←なんて間違った考え方をしてませんでしょうか。

確かにお世話になった恩があるかもしれません。それなら退職せずに今後も一緒に働けばいいじゃないですか。

「恩」よりも「退職したい」という気持ちの方が強くなってきたから葛藤しているんじゃないでしょうか。何かあったから「恩」よりも「退職」を考えているんですよね。

これから先の長い仕事人生で「恩」を気にして「退職したい・する」と言い出せずに自分の未来も決めれずその場に居続けた方が、人生最期の日を迎えた時に後悔しませんか?

別に勇気なんて要りません。学生アルバイトしてた時に店長に言う台詞と同じです。

「仕事を辞めさせて下さい。」と言うだけです。

正社員と学生アルバイトは違いますが、この場面では雇われ側と雇う側の関係で同じです。

言い辛いと思っている人は学生アルバイトの時のことを思い出してみましょう。

「仕事を辞めさせて下さい。」という意思表示から退職手続きが始まります。

【絶対に辞めれる方法】自分の健康問題を理由にする

”どうしてもすぐに辞めたい”という想いが強いなら絶対に辞めれる方法がありますが、極力使ってほしくはありません。本来なら少しでもお世話になったのだから道筋をキチンとした上で退職した方がいいです。

しかし、やむを得ない場合に。会社から逃げる勢いで構わないなら使って下さい。その方法とは

”休職が必要”と書かれた医師の診断書を出すことつまり”うつ病の診断書”を手に入れて提出することです。

健康問題を理由にするなら必ず医師の診断書の提出義務を求められるので、必ず手に入れて下さい。

普通の会社であればこの診断書を提出すれば休職扱いとなり、中には休職制度が無い会社もあります。

休職制度が無いのであれば、そのまま退職する。休職制度がある会社は休職期間を貰う→そのまま退職する。という手続きを踏めば絶対に退職できます。

”休職が必要”と書かれた診断書を貰うことは相当な理由が必要ですが、うつ病なら休職の診断書を書いてもらいやすいです。

どうしても逃げたいなら精神科・心療内科に受診して、「今の状況ではとても仕事を続けられない。休職したい。」と伝えてうつの診断書を貰ってください。

しかし、この方法には後々のデメリット点もあります。それは

・しばらくは生命保険に新規加入しにくい

・世間は狭いので次に働く地域や業界が同じなら、うつ病で辞めた人と噂が広まる。

ですので、なるべくこの方法は使わず、できることなら一般的な”道筋”を立てて退職しましょう。

次の転職先が身辺調査を行う大企業や公務員でない限り、そこまで調べることはまず無いので、履歴書の健康欄には「良好」と書いて転職活動をしましょう。

【転勤者限定】家族が病気なので実家に帰ります。

退職後は実家に帰るつもりならこの理由が定番です。

自分の父母が重い病気になったとか、介護が必要になったと理由がつければ上司も止めにくいです。この方法は自分がすぐに帰郷しなければならない理由にすることがポイントです。

実家が遠ければ調べられる恐れは無いです。

しかし、電話で確認される恐れはあるので、父母と密な打ち合わせが必要となります。

【言わない方がいい理由】会社に対する不満

給料が安い、やりがいが無い、残業代が出ない、休日がない、ノルマが高すぎるなど、不満が爆発したとしても、不満を理由としない方がいいでしょう。

円満退社を狙うなら絶対に言ってはいけない理由です。

もう言ってしまうなら喧嘩する覚悟で言いましょう。

入社時の労働条件が違う、法に触れるような長時間残業を強制されるなど、会社側に圧倒的な不利があれば強い武器になります。

喧嘩するつもりでいけばその会社の社長もキレて「明日から来なくていい。」と言われるかもしれません。

しかし認められない場合は退職日までの出勤は針のむしろ状態になることを覚悟して下さい。

「トコトンやりあっても構わないから自分が納得して辞めたい。」という気持ちがあるなら構いませんが、私はやりあうのは体力が必要な為、推奨しません。

【注意すべき退職理由】職場の人間関係の退職理由

深刻さにもよりますが、この理由は退職理由としては少し弱いです。

よっぽど「辞める!」という意思の強さを見せなければ話がこじれるかもしれません。

この理由なら「退職理由」というより「相談している」という意味合いで受け取られると面倒です。

相談と受け取ってしまった上司は他の社員へ事実確認をしようとするので、ますます他社員との関係が悪化してしまう可能性があります。

下手すると、「お前の人間力の問題だ。」などと言って説教を受けてしまうかもしれません。

この人間関係を理由に退職を申し出るなら、それが原因で体調の悪さを訴えた方がスムーズに事が運ぶでしょう。

【NGワード】一身上の都合という退職理由

よく「一身上の都合で退職します。」という言葉をドラマやネットでよく見られると思いますが、これは理由としては非常に弱い。

なぜなら「なぜ辞めるんだ?」と必ず聞かれるし、一身上の都合で押し通しても腹に一物を抱えている感じがします。

この台詞は退職願いか退職届に使う儀礼的な台詞になりますので、リアルでは使わないで下さい。

【絶対に辞められる】先に転職先を決めてしまう。

やりたい事が見つかった。仕事が続けられないので辞める。他社からヘッドハンティングされたなどの理由では上司から止められてしまうかもしれません。

しかし、”転職先が決まって入社日が○月に決まっている”ここまで言われると上司も止めようがありません。

転職は裏切り者と思われがちですが、そもそも裏切り者にされる理由もありませんし、裏切り者と言われる筋合いもありません。社会人なら次の仕事を決めてから退職するのはもはや一般常識です。

労働者には”職業選択の自由”があります。

我々の転職先を止める権利は誰にもありません。

なので裏切り者と思われても構わない気持ちで転職活動を行い、先に転職先を決めてしまって退職しましょう。

もし、会社にバレずに上手いこと転職活動を行いたいなら転職エージェントを使うことをおススメします。

転職エージェントなら面接日の調整やアポイントまでやってくれるので会社にバレる心配はありません。

また、退職理由や手続き方法まで相談に乗ってくれるので利用できるところは利用しましょう。

◎転職エージェントのメリット◎

面接日の調整やアポイントをやってくれるので転職活動がやりやすい。

退職理由を考えてくれる。

両者にとって都合の良い退職手続き方法を教えてくれる。

その他、相談に乗ってもらいやすい

エージェントしか持っていないシークレット求人がある。

自分の市場価値が分かる

内定時に年収の交渉をしてくれる

一緒に転職活動をしているようで頑張れる

×転職エージェントのデメリット×

エージェントもノルマがあり、受けたくない求人をゴリ押しされる。

その業界特化型エージェントもあるが、そうでない場合は知識が薄い場合がある。

馬が合わない可能性がある。

年下のエージェントでプライドが傷つく

エージェントも人間なので連絡漏れなどが生じる

CONTACT