どうすれば人事になれる?気になる年収と将来性!!

人気

どうすれば人事になれるか?

人事の仕事に従事するには、まずは、高い洞察力とコミュニケーション能力が必要です。
その理由ですが、人事に携わる人物は企業に人を雇い入れる採用の仕事を担当するほか、すでに入社している人員のトラブルに対し迅速に対応し、トラブルを解決する能力が求められているため、他者を観察し適切である部署に配属させる能力、他者が起こしたトラブルを改善する能力が求められます。
次に求められる能力は企画力になり、これは企画を立ち上げた際、企画に対して計画を円滑に行えるよう人員を配置し物事にあたる能力のことを指します。
そして、企画した内容をうまくまとめ上げプレゼンテーションを行うのも人事の役割になりますので、プレゼンテーション能力も必要です。
そのうえで最後に重要なポイントとしては、口が堅いことが重要で、他社に対し社内の情報を話すような人物では人事の仕事に従事する資格がないと言っても良いです。
また、人事においては公平性がない人物もふさわしい人物ではなく、その理由としては、人事を携わるという特性上、えこひいきをしてしまうと社内の規律が乱れてしまう要因を作ってしまうため、公平性がない人物はふさわしくないとみなされます。

人事の年収と将来性について

人事の年収ですが、スキルを身につけ業務内容が拡大するごとに報酬が高額となる仕組みです。
そのため平均値としては、20代で300万円あたり、30代で500万円、40代では600万円あたりが相場で、年齢とともに比例して年収が増加する特性があります。
そのうえで業務時間単位でお話しますと、朝に出社し夕方には帰宅できることから定時にて自宅に帰ることができるデスクワーク中心の業務であるのが人事です。
将来性については人事自体の仕事は事務処理のお仕事と同様に潰しが効き、会社従業員の採用のほか、社内の業務を円滑に行うために必要であることから、人事の人員が足りていない企業においては採用率が高いため、将来性は高いです。
最悪の場合、人事から事務処理に移行することも十分可能で、人材のお給料を扱う人事から企業の経営状況を確かめる事務へと移行することもできます。
デスクワークにて多くの仕事をけん引しているため、その分求められるスキルが多いのが人事のお仕事になりますが、スキルを多く有しておればその分、企業から求められやすい人材としてみてもらえるのが人事の仕事の特徴です。
潰しが効くという意味は、求められるスキルが高いがゆえ、企業の仕事を円滑にサポートするエキスパートであることから潰しが効くという意味になります。
ただし、会社の重要な経営にかかわる可能性も高い部門であるため、人事の仕事は人によってはプレッシャーを感じたりすることもあり、辞めてしまう動機としてプレッシャーが重くのしかかることも挙げられています。
以上が人事の年収と将来性になりますが、若いうちは経験が浅いということもあり、お給料においてはベテランである年配の人事の方と比較すると少ないですが、年齢に比例し経験を積むことで責任のほかお給料が上昇し、将来性も確立されていると言って良いです。

CONTACT