転職でブランク(無職期間)を面接で聞かれたときの解決策

転職

転職のブランク(空白期間)を聞かれたら

無職期間が長ければ長いほど転職するときに不利になってしまうのではと心配になる人も多いと思います。
面接で採用担当者に空白期間に何をして過ごしていたのか?といった質問をされたら何て答えればいいのか迷ってしまいますよね。
もし、転職するまでにブランク期間がある場合、どのように対策するのが正解なのでしょうか。

魅力的な履歴書を作成し面接対策をしよう

もし、転職する際に無職期間がありブランクが気になるのであれば、採用担当者を納得させる魅力的な履歴書を作成すべきです。
魅力的な履歴書を作成できれば、長期間にわたり空白期間があったとしても採用担当者にマイナスイメージを持たれてしまうことはありません。
履歴書を作成する際に気をつけたいのは、どうして無職期間があったのかという点を納得させるだけの理由を見つけることです。
たとえば、資格取得にチャレンジしていた、留学をしスキルアップを目指していたといったポジティブな理由であれば好印象を持たれる可能性があります。
また、病気で働くことができなかったという理由は一見ネガティブなイメージを持つのではと思いがちですが、後遺症があったり通院が必要になったりするなど、仕事に大きな影響を及ぼすようなものでなければ重要視していないという採用担当者も多くいます。
中には、子育てを機に一度仕事を辞めることになったという主婦の方もいるのではないでしょうか。
小さな子どもがいると転職が不利になるケースもありますが、子育て経験で得た自身のスキルを最大限にアピールしてみるといいでしょう。
子どもと真面目に向き合ってきたからこそ、得られたものは数多くあるはずです。
主婦や子育てママは、コミュニケーション能力が高いだけでなく効率よくテキパキ動けるなど、多くのスキルを持ち合わせていることから即戦力として期待されています。
履歴書や面接で無職期間の理由を長所に変えて上手にアピールできれば、採用担当者から高評価を得ることも夢ではありません。

無職期間の理由をごまかしたり嘘をつくことはNG

転職を成功させたいという思いから履歴書や面接で嘘をついてしまう人もいます。
しかし、嘘をついたり学歴や経歴をごまかしたりすることはオススメできません。
選考時にいくら採用担当者に好印象を与えることができたとしても、ついてしまった嘘は必ずバレます。
多くの転職者の選考を行ってきた採用担当者の意見を聞いてみると、学歴や経歴よりも人柄やスキルを重視していると述べる人も多くいます。
会社側は、即戦力となる人物を求めているので、短期間で効率よく転職を成功させたいと思っている方は、自分のスキルや性格に合った働きやすい会社を選んでみることもオススメの方法です。
近年では、転職エージェントなどプロのサポートを受けられるサービスもあります。
転職の疑問や不安を解消できるだけでなく、履歴書の作成方法や模擬面接をサポートしたり、利用者の希望に合った求人を紹介してくれたりするなどうれしいサービスがたくさんあるので、賢く利用してみてはいかがでしょうか。

CONTACT