中途採用の面接で何度も落ちる!採用面接官はどこを見ているのか?

採用

企業から不採用のメールが届いた。これで選考に落ちて18社目、、、 自分の何が悪かったのか考えても分からない。そんな方は、是非この記事を読んでください!思い当たる節あるかも!?

中途採用に求められるスキル

中途採用に求められるのは「即戦力」です。そのため、「スキル・経験」が最も重要視されます。ただ、企業としてはスキル・経験があっても、すぐ辞めてもらっては困りますので、「選考を受ける企業に対しての熱意」、「社内で良好な人間関係を築けるか」も見られます。

#ポイント
①スキル・経験
②選考を受ける企業に対しての熱意
③社内で良好な人間関係を築けるか

①スキル・経験

スキル・経験のアピールには、面接以外に職務経歴書も重要です。簡潔、わかりやすく、具体的に自身の経験・スキルを職務経歴書に盛り込みましょう。面接では、「清潔感」「言葉遣い」「回答内容」等多く見られますが、選考を受ける職種、業種等によって重要視されるポイントが変わってきます。選考を受ける企業で入社したらどんな仕事をするのか、どんな人と関わるのかを鮮明にイメージできるようにすると、重要視されるポイントが見えてくると思います。

②選考を受ける企業に対しての熱意

熱意を伝えるには、その企業でなければならない理由を伝える必要があります。一つは、競合他社との違いを伝えることです。その他、働いている人のことを伝えるのも手です。選考を受ける企業によって、多様な答えがあります。

③社内で良好な関係を築けるか

社会人は基本的には組織人であり、他の人と一緒に結果を出していかなければなりません。採用側は前職でのリーダーやマネジメント職の経験や地位など、転職回数、転職理由で組織力、人間力を見ています。

採用する側の考えを知りましょう

同じ募集職種、業種でも企業によって求めている人材は十色です。採用する側のことを考えに考える必要があります。企業が出している求人に多くの情報(ヒント)がありますので、上手く活用しましょう!

弊社に転職サポートをお任せする場合は、履歴書・職務経歴書作成から面接対策まで丁寧にサポートいたします。興味がある方は、お気軽にお問い合わせください!

CONTACT