当然聞かれる異業種に転職する理由。納得させる志望理由とは

転職

「何故前の業種と違う業界を選んだのか?」の回答

転職者が異業種に転職する際は、必ずといっていいほど「何故前の業種と違う業界を選んだのですか?」と聞かれます。

その時に面接の担当官が納得するような志望理由がなければ一般的に前の仕事と全く違う分野への転職はあまり歓迎されることがないので決していい印象は持ってもらうことができません。

では、どのようなことを言えば納得してもらいやすいか?

スキルを活かせる

「前職で培った能力やスキルを他業種でも上手に転用できる」ということを、具体的なエピソードや例とともに話すことで理解がより得られやすくなります。

資格や人脈を活かせる

また、「前の仕事で取得した資格」や、「前の仕事で培った人脈」が新しい仕事でも活用することができるという説明ができれば、むしろ十分なアピールポイントともなります。

新しいものにチャレンジしたい

社会に貢献するために公益性の高い会社に移る場合は、特に前職と関係がなくても熱意がうまく伝わり、理解が得られやすいです。
前の職場で一定の結果を出している方は、「チャレンジ精神が旺盛」という風にアピールすることで好意的に見てくれる場合もあります。

異業種を選んだ理由でNGは

何故異業種を選んだのかという質問に対しては基本的にポジティブな意見で答えましょう。

「休みが多いから」「残業が少ない」など、仕事に対してやる気が見られないような回答はなるべく避け、自分がいかに新しい業種に対して熱意を持っているか、誠実に挑戦しようと思っているかを面接官に伝えることが大事です。

異業種への転職のご相談は

異業種への転職は少なくなく、年々増えていっているようにも感じます。

転職者の方には「特に行きたい業種はないけど、今の業種だけは嫌だ!」という方もいらっしゃいます。

そういう方にはどういう仕事が向いてそうか、どういう業種ならやりがいを感じてくれそうなど、こちらが提示していい転職へ繋がるよう、お手伝いさせていただきます。

CONTACT