フレックスタイム制と時差出勤の違いと、それぞれのメリット

働き方

フレックスタイム制とは

皆さんは求人情報を見ているときに、フレックスタイム、時差出勤というワードに出会うことがあるのではないでしょうか。
この2つはなんとなくイメージできるものの、同じようなニュアンスで捉えている方が非常に多いです。
そもそもフレックスタイム制とは、出退勤の時間を労働者の自主性に委ねている制度であり、これは労働者自身が出退勤の時間を自由に決められるものです。
労働者の価値観やライフスタイルに合わせて柔軟な働き方を実現できるという制度として誕生しました。
フレックスタイム制の場合、1日8時間、週40時間という法定労働時間を超えて働くことができるのが特徴です。
1か月以内の一定の期間と期間内の所定労働時間が決められており、一定の期間で契約時間を超えなければ1日どれだけ働いてもいいのです。
企業によってはコアタイムと呼ばれる出社しなければならない時間があらかじめ決められているケースもがあり、コアタイム以外の時間は自由に労働者が決めた時間で出勤できます。

時差出勤とは

一方の時差出勤とは、企業側が1日の所定労働時間を決定しておき、労働者は労働時間をもとに出退勤時間を決められるという制度です。
つまり、1日8時間の実働時間が設けられている企業であれば、8時半~17時半、9時~18時で出勤、10時~19時で出勤と言ったように自分のライフスタイルに合わせて勤務時間を選択できます。
こちらの制度は、元々通勤ラッシュを回避させるために通勤時間をずらすという考え方から始められています。

フレックスタイム制と時差出勤はどこが違う?

ここまでそれぞれを説明していると、なんとなくそれぞれの違いをくみ取ることができた方も多いのではないでしょうか。
フレックスタイム制は1日に働く時間が自由に決められているもので、何時間働いても問題がない制度であり、時差出勤制の場合は1日に所定労働時間が決められており、所定労働時間を働けばいくつかのパターンから選べる制度です。
フレックスタイム制は6時間勤務の日もあれば9時間勤務の日も設定でき、時差出勤制は1日8時間と決められていれば、毎日8時間勤務になるということです。
フレックスタイム制は基本的に労働者の働き方改革のようなものですから、クリエイティブ系の仕事の方などであれば大変有効で効率的な時間配分を行えるので、仕事の効率も上がりやすくなります。
また、育児や介護に追われている労働者であれば、園のお迎えなどにも負担がないように、朝早めに出勤して夕方早めに退勤することで、育児や介護もスムーズに両立できます。
一方の時差出勤はすでにお伝えしたとおり、満員電車や車の渋滞などと言った通勤ラッシュを避けるために作られているので、8時から9時などの混雑の時間を避けて出勤できることで、朝の混雑へのストレスを軽減させられるのです。
フレックスタイム制の場合も、この点では通勤ラッシュを避けて勤務時間を決められるのは同様です。

CONTACT