転職エージェントが伝えたい正社員・派遣社員のメリットデメリット

働き方

現在売り手市場と呼ばれ、人材が不足しているにも関わらず、非正規雇用の人々は非常に増えてきています。人材不足で企業側は人が欲しいはずが、非正規雇用は増えているのは、不思議じゃないでしょうか。 これには理由があります。雇用側、雇用される側ともに正社員にはないメリットが派遣やアルバイトにあるんです。現在も正社員として働くべきと思っている方も多いですが、一度正社員と非正規雇用のメリットをそれぞれ比較し、本当に自分に合っている働き方はどちらなのかを考えてみると良いでしょう。非正規雇用のなかで代表的な派遣社員に焦点を当ててお話しします。

正社員メリット・デメリット

正社員のメリットとしては、皆さんの頭に浮かぶのが安定感があるということだと思います。
正社員として雇用されると、法律の関係で理由なく解雇されることがないので、突然職を失うという不安からは解放されます。
しかし近年では、正社員として雇用されても、年収や待遇に満足できず、すぐに退職する方も増えてきている傾向です。

正社員という雇用形態に安定性を求めるのであれば、スキルに見合った年収、待遇を得られる企業なのかをじっくり考えた上で転職活動をしましょう。
気をつけなければいけないのが、基本的には能力に比例して年収、待遇が上がりますので、客観的な視点で自分に見合っているのか考える必要があります。

また、同じ正社員であっても、ベンチャー企業か大企業かでも待遇や条件に大きく異なってきます。
もしあなたがサラリーマンとして大きな成功を収めたいのであればベンチャー企業の正社員を選ぶことが望ましいですが、業績によっては昇給や賞与に期待ができないことがデメリットです。

一方で大企業の正社員は、昇給や賞与は比較的に安心ですが、組織が大きい分、自分の意見が通り辛かったり、裁量を与えられる立場になるまでに時間を要したりする場合が多いです。

正社員という雇用形態で転職を目指す場合は自身がどのような存在になりたいのか、明確なキャリアプランを描いた上で、企業や職種を選択をしましょう。

派遣社員デメリット・メリット

派遣社員のメリットは、小回りの効いた働き方ができるという点です。 正社員と同じようにフルタイムで働くことも可能ですが、家事や育児で時間が取れない場合など、時短勤務や週3日の勤務など、ある程度融通がつけられる案件が多いのが特徴です。

企業に時短勤務等の制度が設けられているところは多いですが、実際に運用がされているのは業務的に余裕がある大企業に限られてくる場合が多いです。制度として存在していても形骸化してしまっている場合が多々あります。

この点、派遣社員であれば、取り決めをした働き方で契約をした上で入社しているので、あらかじめ働けなくなる期間が分かっている場合は、非常に適した働き方となります。 また、派遣会社の多くは、副業を禁止していないという側面もあり、フリーランスとして生計を立てることが最終目標だが、安定する前は派遣社員としてお金を稼ぐという働き方もできます。

また、正社員と比較して大企業に入社しやすいというのも大きなメリットです。 遠回りにはなりますが、派遣社員として実績を示すことができれば、大企業の正社員として活躍できる機会が得られるかもしれません。
しかし突然失業状態になるリスクは、どうしても正社員として働くよりも高いと言わざるを得ない雇用形態です。
また、派遣法の動きにも注意が必要です。近年では、同一の組織で三年以上同じ業務に従事することができないという改正がされています。
正社員と同じレベル感で、同じ企業に長い期間派遣社員として従事していた方も多く、当人はもちろん、企業としても混乱を招く事態となっています。
派遣社員として働くということは、契約更新のリスクも孕んでいるということを覚えてきましょう。

まとめ

正社員、派遣社員どちらにもメリット・デメリットがあります。昔と大きく変わったのは、選択肢が多様化された点です。
働き方のスタイルが以前と比べて自由に選べるようになったため、自分がどのように働きたいか、どのように生きたいか自分の最適な選択ができるようになってきています。ですが、非正規雇用への考えが偏っているのも事実です。

 

弊社が採用のプロとして、一人一人のキャリアプラン、ライフプランに合わせて企業をご紹介いたしますので、お気軽にご相談ください!

CONTACT