ベンチャー企業への就職は有利?それとも不利?

転職

ベンチャー企業の人気にあやかるのはあり?

ベンチャー企業と言うと、IT系の人気企業をイメージされる方が少なくありません。
そのため、ベンチャー企業に就職できればかっこよさそう、自由な働き方ができそう、お給料が良さそう、若くても昇進できそう、起業できそうと、良いイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。
ですが、急成長を遂げ、一部上場を果たしたような有名な企業はメガベンチャーと呼ばれ、今や歴史のある大手企業と比肩できるレベルになっています。
一方、一般的なベンチャーは数人ほどの小さな企業や、何をしているのかもすぐにはわからない企業、知名度がない企業が少なくありません。
それでも就職する価値が見いだせるのか、ベンチャー企業に就職するメリット、デメリットを考えてみましょう。

ベンチャー企業に向いている人

ベンチャー企業は比較的自由な社風で個性を重んじ、能力主義や成果主義であるケースが少なくありません。
自分に自信がある方、年齢や経歴を問わず、活躍したい方、アイディアがあって行動力がある方に適しています。
人に指示されなくても動ける人、自分の頭で考えて最初から最後まで試行錯誤しながらやり通せるタイプには、やりがいがあり、仕事が楽しく思える企業です。

ベンチャー企業に就職するメリット

年齢や学歴などを問わず、チャンスがほしい方、自分の能力で勝負したい方や、自分がどれだけのレベルなのか試したい方には向いている企業です。
また、成果を出せば能力が認められる制度のもとで働きたいといった方にも、働きがいがあります。
将来のメガベンチャーとして成長を果たしていける企業であれば、その成長を支えてきたスタッフの1人として自信や誇りが持てます。
これからの成長に貢献ができ、達成感や充実感がある仕事ができるのもメリットです。

ベンチャー企業に就職するデメリット

ベンチャー企業と言っても、すべての企業が成長を遂げ、メガベンチャーへと成長するとは限りません。
実際のところ、ベンチャーとして産声を上げても、数年足らずで倒産する企業は少なくありません。
そのため、就職を決める前に、将来性の見極めが不可欠です。
いかにあなたが頑張って支えると言っても、そもそもの事業内容に成長見込みがない、すでにライバル企業が多いといった場合には、ほどなく消滅するリスクや買収されるリスクなどもあります。
将来の安定性が見込みづらいため、養うべき家族を有している人の転職先としては、あまりオススメできない企業です。

ベンチャー企業に向いている人物かを見極めよう

ベンチャー企業に就職するデメリットは先が読みにくい、経営が不安定といった面だけでなく、そもそも、自分がベンチャーに向いているか否かも、しっかり見極めなくてはなりません。
少人数精鋭で立ち上げたばかりの企業や、それぞれが仕事を抱えて手いっぱいの企業が多く、入社したばかりだからと言ってフルサポートしてしてもらえる環境はありません。
新卒であれ、転職組であれ、自力走行ができることを基本に自ら学び、考え、行動していけないと、ベンチャー企業では活躍できないデメリットがあります。

CONTACT