転職における試用期間のデメリットってどんなことが想定される?

転職

試用期間とは

転職サイトを見ていると、しばしば見られるのが試用期間という文字です。
どの企業も試用期間を設けているわけではありませんが、一部の会社では採用した社員が正社員としての能力を持ち合わせているか、適性があるかどうかについて評価するために設けられています。
確かにいざ採用してみたものの、仕事に向いていなかったということになっては会社としても損失となってしまいます。
採用の際の面接や筆記試験、適性検査だけではその人の人となりや適性、能力を知ることは非常に難しいことです。
もちろん会社としてはすぐに辞めてもらっては困ります。
長く同じ会社に勤める社員として長期にわたって雇用したいという思いで採用しています。
そのため、社員の能力をしっかりと見極めるためには、企業にとって重要な意味を持つ期間と言えるのです。
企業によって試用期間の長さは異なりますが、一般的には1ヶ月から6ヶ月ほどの期間で設けられています。

試用期間のデメリットは?

「試用期間中は、待遇は変わりません」そんな言葉を会社側から話されて不安になっている方に、試用期間のデメリットを解説します。

試用期間中の解雇

試用期間中に、その社員を採用したことによって会社の信用を失うようなことがあったり、業務に支障が出るようなことがあったりすれば、解雇されてしまうケースはあります。

また、無断欠勤が多かったりなど勤務態度が極端に悪いことも挙げられます。
一般的には雇用契約上所定労働時間が決められていることから、所定労働時間の中で業務に専念できていないようであれば契約違反となるため、解雇の可能性が高くなります。

よっぽどのことがないかぎり試用期間中の解雇はない

試用期間で思った以上に仕事について行けなかったり、仕事を覚えられなかったり、会社になじめなかったりなどしたときに、試用期間であるので適性や能力を認められなかったら辞めさせられるのではないかと感じる方も多いです。

しかし、実はそんなことはありません。
試用期間とは言っても、きちんと雇用契約は結ばれている状態であるため余程正当な理由がない限り、簡単に辞めさせられるようなことはありませんので安心しましょう。

試用と書かれているので会社のお試し期間と考えて、ついアルバイトのように簡単にクビにさせられるのではと考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、試用期間も本採用と同じように正当な理由がなければ解雇はできないのです。
そのため、なかなか仕事が覚えられない、仕事に向いていないという理由だけでは会社が解雇できません。

試用期間は待遇が異なる?

試用期間と言うと名目から本採用よりも給与が低くなったりするのではと不安になる方もいるのではないでしょうか。

もちろん給与、残業手当などは本採用と同様に受けることができます。
しかし、多くの会社では、やはり試用期間中は本採用の正社員に比べて給与を低く設定されている企業も多いです。

この点は求人の詳細項目に試用期間中の給与が記載されていることがほとんどですので、しっかり確認しておくと良いでしょう。

明記されていない場合は面接などの際に尋ねてみることをオススメします。

試用期間中の保険

基本的に雇用保険や社会保険に加入させる義務が会社にはあるので、試用期間中も保険加入の対象者になります。

求人の詳細に保険について書かれていなければ、面接でこちらも合わせて確認すると安心です。

CONTACT