面談と面接との違いは?面談中は評価がアップする質問をしよう

採用

面談と面接の違い

企業が実施する面談と面接の大きな違いは、合否に関係するかどうかです。

面接の目的

面接の目的は採用する人材を決定することですので、合否に直接関係します。

面談の目的

面談は就活生と企業が話し合う場を設け、お互いの希望がマッチングするかどうか確かめることを目的としていますので、就職活動の一環に位置づけられます。

 

面談と面接の目的はそれぞれ異なりますので、内容にも違いがあります。

面接の内容

面接の場合、面接官は履歴書などから必要とする人材かどうか質問をし、就活生は自分が企業にどれだけ貢献できる人間かアピールすることが求められます。

面談の内容

一方面談では企業と就活生が対等に話ができる雰囲気の中、就活生の方から積極的に質問できる場が設けられます。

就活面談の種類を把握しておきましょう

カジュアル面談

面談と一口に言っても、いくつか種類があります。
最もフランクな面談は、「カジュアル面談」と呼ばれます。
たとえば、給与についてなど、面接では聞きにくい質問ができるのもカジュアル面談の特長です。
と言っても友人に接するようにしてしまうと、やりすぎになってしまいますので、社会人として最低限のマナーは守りましょう。

リクルーター面談・内定者面談

主に新卒者を対象に行われるのが、「リクルーター面談」と「内定者面談」です。
前者は、リクルーター(人事担当者や若手社員など)が、入社を志望する新卒者と会って話をする面談です。
リクルーターは新卒者と同じ大学出身の人が多く、ある程度採否に関係すると言われています。
後者はすでに内定が決まった新卒者を対象に行われる面談で、会社との距離を縮めるのが目的です。
面談が行われる段階で、内定承諾を決めていない新卒者も多く、入社を促すのも内定面談の役割になります。

面談で聞くこと(質問)

面談を成功させるには、まずリラックスしましょう。
多少採否に関係すると言っても、緊張してしまっては本来の力を発揮できません。
面談でリラックスするには、事前準備をしっかりしておくことがポイントです。

面談の目的を理解し、そこで何を得るか考えておきましょう。
企業にいろいろ質問できる機会を得られるのが、面談のメリットです。

面談では疑問点について残らず質問するようにしましょう。
と言ってもあまりにも質問しすぎると失礼にあたりますので、2~3個用意しておき、あとは面談の中で浮かんだ疑問について聞くようにします。

面談で聞くことの例

質問の内容には、とくにこだわりはありませんが、「どの部署に配属されるのでしょうか」「キャリアアップ制度はありますか」など、入社したら積極的に仕事に取り組み、キャリアを積んでいくという姿勢が見られる質問は、好印象を持たれやすくなります。

CONTACT