【営業っていくつも種類があるって本当!?】年収はどのくらいで将来性はあるの?

人気

年収はいいがメンタルの強さが必要な営業職

営業職の中でも、比較的キツいと言われているものは新しい顧客や取引先に進めるものです。
これまで商品を知らなかった人、興味がなかった人に紹介していくので、相手にとっては迷惑になるケースもあります。
新規開拓営業はとくに事業を拡大するためにも重要ではありますが、その分自社の製品の良さを相手に伝えるのは難しいものです。
ただ会社にとってこの新規開拓がなくなったら、そこで会社としても終わりになりますので、できる人材は重宝されます。
ルート営業は比較的決まったところを訪問するので初心者でもやりやすいと言われていますが、新しい商品を紹介したりノルマがあったりする場合もほとんどです。
とくに飛び込み営業は強靭なメンタルがないと難しく、アポも取らずに自社の商品などを紹介し購入や契約をしてもらわなければなりません。
つらさを感じやすい面も大きいのですが、断られてもあまり気にならず得意な方は年収も良くオススメです。
できれば段階を踏んでから営業したい方は、訪問営業を選ぶと良いでしょう。
お客様に直接顔を合わすよりも声や話で勝負したい場合は、テレアポもオススメです。
ただ必要ではない人にも話すので、何で電話をかけてくるのかと罵声を浴びさせられることもあります。
ここで紹介した営業を仕事とする場合は、ノルマやクレームにも負けない心を持ち、そのためにも体力、気力、粘り強さを持った方が向いています。

意外とスムーズに契約が取れる反響営業

営業職に興味はあっても、飛び込みをする勇気がない方もいるでしょう。
心が強靭でなくても比較的営業として働きやすいのが、反響得業になります。
自分でお客様のところへ訪問し、興味ない人にも持ってもらえるように説明する手間もなく、インバウンドでお客様から連絡あった場合に説明をします。
無理にノルマ達成のために飛び込み営業をする必要がないので、比較的初心者の方でも心の負担が少ないです。
さらに元々お客様が商品に興味を持っていて購入を検討している場合がほとんどですので、どのような点に疑問を持っているのかヒアリングを丁寧に行い、お客様の求めていることに応えていくと契約につながりやすくなります。
飛び込みや新規開拓系に比べると年収は少し落ちる場合もありますが、それでも続けやすい営業職です。

年収や将来性は?

さまざまな業種のうちでも年収は高めですが、実際には契約をバンバン取っている人とまったく取れない人とでは大きく差があります。
とくにインセンティブが設けられている場合が多く、ボーナスでも大きく差が出ます。
契約をコンスタントに取れる方であれば、年収も相当なものでしょう。
営業はコミュニケーション能力も上がり、分析力、開拓力、強靭な精神などさまざまなものが身につきます。
どこの会社で働いても通用する能力が身につき、将来性も高い職業です。

CONTACT