【英語が話せるだけで評価アップ】英語力を活かして転職を成功させよう

転職

英語力がある人は需要が高い

転職する際に英語力をアピールすると、採用担当者から高評価を得られることがあります。
たとえば、TOEICや国際秘書検定のほかにも英語でビジネス文書を作成することができると外資系企業や貿易会社では好印象です。
実際に英語力を活かせる仕事をチェックしてみると、とても多いことがわかるはずです。
英語が話せたり英語で文書を作成できたりすると、スキルを活かしながら幅広く活躍することも夢ではありません。

英語力を活かせる仕事

英語力を活かしながら活躍できる仕事をリサーチしてみると、数多くあることを実感できるのではないでしょうか。
外資系企業や貿易会社などでは、高い英語力が求められています。
日常会話をスムーズに話せるのはもちろんのこと、ビジネス英会話力を必須としている会社もあります。
外国人のビジネスマンとやりとりする機会も多いため、自信を持って英語で話せるだけの高いスキルが必要になるでしょう。
とはいえ、高い英語力を持っている方は、能力がある分、高収入を得られる可能性が高いです。
他業種と比較してみても年収には大きな差がある企業も多く、スキルを活かしながら高収入を得ることも実現します。
TOEIC800点程度の英語スキルが必要とされているのが、外資系の金融企業や国際秘書のほか、グローバルに活躍する営業マンです。
これらの仕事は、スムーズに英語で話し英文で文書を作成できることが必須条件です。
高い英語力を要していることを証明するには、資格を取得しておくと採用担当者を納得させられます。
たとえば、TOEICで高得点を獲得するのはもちろんのこと、貿易実務検定や国際秘書検定など、英語力をさらにアピールできるような資格の取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

外国人とのやりとりが多いショップ店員や観光業

英語力を活かして仕事で活躍するなら大手の企業だけでなく、より外国人とのやりとりが多いショップ店員や観光業もオススメの職種です。
ショップ店員や観光業は、大手外資系企業のように高い英語スキルは求められていません。
日常会話が問題なくでき、フレンドリーに外国人とやりとりできる人が求められています。
日常会話程度の英語力と言うと目安としてTOEIC600点程度です。
英検では、2級程度のスキルがあれば問題なく外国人と日常会話を楽しめると言われています。
ショップ店員や観光業は、外国人と接する場合、円滑に英語で会話ができることも大切ですが、さらにコミュニケーション能力も必要です。
ただ英語が話せるだけでなく、外国人のお客様が何を求めているのかを察知しなければいけません。
英語を活かした仕事は、まだまだたくさんあります。
通訳や翻訳のほかにも英語教師などさまざまです。
まずは、自分がどんな職種に興味を持っているのかを知り、将来のキャリアアップをイメージしながら転職活動を進めてみるといいでしょう。
また、転職活動を行う際に、履歴書や面接で自身の英語力をアピールできるように、資格取得を目指してみることをオススメします。

CONTACT