会社を辞めるときの引き止めがしつこいときに使える対処方法

転職

会社はどうしてそんなに引き止めるの?

キャリアアップのために転職したいと思っていても、会社から強い引き止めに遭うというケースはよく見られる光景です。
辞めたい、辞めようと決心しているのに引き止められるとこちらとしては都合が悪いですが、だからと言って「はいそうですか。」で終わるのもむなしいと思いませんか。
会社が引き止めるにはそれなりに理由があります。
その理由はさまざまで、基本的に引き止めに遭うということは恐らくあなたを必要としているからでしょう。
必要としていない人は止めもしません。
今の業務を担当するあなたがもし会社からいなくなれば、その上司や会社の業務に大きな負担がかかります。
あなたが欠けてしまえば一から社員を育てなくてはなりません。
会社全体に関わることなのでそれは引き止めることでしょう。
しかも、あらゆる理由でタイミングが悪くなると、より一層引き止めが強くなる傾向にあります。
そして幾度にもわたって説得を行うことでしょう。
大きな責任ある仕事を任せるつもりだった、今後昇進を勧めるつもりだったなどといった甘い言葉で引き止めることもあるでしょう。

会社からの強い引き止めを防ぐためには?

だからと言って一度決めたものはやはり曲げることはできないものです。
意地でもこちらもかたくなに引き止める策を考えておくと安心です。
しかし相手を不快にさせるような方法では後味の悪い退職になってしまいます。
円満に退社するためにより良い引き止め方法をご紹介します。
まず、退職する旨については退職したいという旨を伝え、いつ退職するかについて話し合うようにしましょう。
退職しても良いかどうかというような相談にしてしまうと引き止めに遭う可能性が高くなります。
退職時期は急になると会社にも引き継ぎについても迷惑をかけてしまうので、最低でも1か月以上前には伝えておくのが無難でもめることもありません。
民法上では退職日の14日前までに退職の意思を伝えることが明記されているので、半月前までに報告する方がいますが、やはり常識的に考えると2週間で後任を見つけて引き継ぎをすべて終えるのは難しい話です。
常識を踏まえて行動をするようにしましょう。
また、会社の就業規則においてあらかじめ退職は〇日前までに報告することと記載されているケースも多いですので、必ず確認しておくと良いでしょう。
1か月以上前に自分から「〇月▽日に退職したいです」という旨を伝えておきましょう。
さらに口約束だけで済まさず、このときには退職届を書いて一緒に提出して伝えるのがベストです。
上司によっては、退職を受け入れずに、「そんな話は聞いていない」としらを切るケースもあります。
退職届を提出して、提出日と退職日もしっかり明記しておくことでそれが証拠になります。
すでにこの時点で新たな転職先が決まっている場合はとくに伝えやすいのではないでしょうか。
また、一番避けたいのは会社の繁忙期です。
年度末や決算などの時期は会社全体がピリピリと忙しい時期です。
一社員のことよりも会社の業績についてあたふた振る時期ですので、会社に大きな負担と迷惑をかけてしまいます。
必ず繁忙期は避けて退職の意を伝えるようにしましょう。

退職の意思はどんなことがあっても曲げないこと!

会社からの情に負けるなどしてつい流されて、退職できないでズルズルというケースも見られます。
結局それでは会社の思うつぼです。
自分自身でキャリアアップのためにと決めたことであれば、いつか退職しなかったことを後悔する日がやってきます。
心が揺れているのは相手にも伝わるので止めにくい状況になってしまうこともありますから、絶対に退職の意思を曲げないように強い意思を持って退職までこぎつけましょう。

CONTACT