40代50代で転職を成功させるのはやっぱり学歴?そんな疑問を解説します

転職

40代転職でも学歴重視?

転職は、何よりも学歴で成功と不成功が決まるという方もいます。
果たしてその意見は本当なのでしょうか。
今や若い世代だけでなく40代50代でも転職することは当たり前の時代になりました。
数十年前は、新卒後に入社したら定年まで同じ会社で勤め上げるべきという意見も多く、仕事に不満を抱えたり苦しさを感じたりしていても無理をして続ける方が大半でした。
しかし、現在はそんな時代ではありません。
自身のキャリアアップを目指し積極的に転職する人たちが増えているのです。
思い切って転職活動をスタートし中途採用で内定を勝ち取るには、やっぱり学歴が大切なの?と思う方も少なくないようです。
しかし、採用担当者の意見をチェックしてみると、学歴よりも能力や人柄を重視して採用を決定しているという声が多く見られます。
一度でも社会人経験がある方の選考を行う場合、これまでどんな仕事に携わってきたのか、またどんなスキルを持っているのかに注目する採用担当者ばかりです。
たとえ高学歴の持ち主であっても自社に見合ったスキルを持ち合わせていなければ採用しないという企業もあります。
そのため、中途採用での転職を目指す方の場合、自分の学歴を気にするよりもスキルアップを目指す方が賢明と言えます。
採用担当者の心をつかめるように資格取得を目指したり内定を得たい企業で必要とされるスキルを伸ばしたりすることが大切です。

仕事の意欲があるのかという点も確認している

どんなに優秀な学歴があったとしても仕事のモチベーションが低い人物は、企業からは求められない傾向が高いでしょう。

特に40代50代の転職では、やる気のない金銭的な理由での転職は嫌われる傾向にあります。
やはり長く一緒に働く人物は、積極的で行動力があり、誰とでも円滑にコミュニケーションを取れる人であってほしいと多くの採用担当者は望んでいます。
面接選考を行う際には、もちろん履歴書もチェックしますが、仕事のモチベーションの高さや人柄を重視しているという採用担当者も少なくありません。
面接で「この人は仕事への意欲が高い」と評価されたことで即採用になった転職者もいます。
そのため、中途採用での転職を成功させたい方は、給与の高いところへ転職を目指すだけでなく仕事の意欲をアピールする努力をすることも大切です。

入社後にどのように活躍できるのか、またどんな仕事に携わっていきたいのかを上手にアピールしてみるといいでしょう。
独りよがりな熱い気持ちをアピールすることはオススメできませんが、「この人と一緒に働いてみたい」と思ってもらえるような熱弁をすることは間違いではありません。
入社後に短期間で転職を決めた人は、社会人として失格なのではと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、40代以上の転職者は、管理職やプロジェクトリーダーの経験があることが多いため、マネージメント力が期待できると判断されやすいのもうれしい点です。
これまでの仕事の実績や得てきたことを伝えることで高評価を得ることにもつながります。
採用担当者に仕事への意欲が伝わるように、まずは自分の理想の将来像を明確にし、その気持ちをわかりやすく伝えることを意識してみましょう。

CONTACT