学歴不問・未経験歓迎求人は本当に誰でも選考に通るのか?

転職

学歴不問・未経験歓迎求人なら即採用されるのか

どの企業でもいいからとにかく採用されたい、とにかくすぐに仕事を始めて生活費を得たいといった方に目にとまりやすい求人が学歴不問・未経験歓迎といった触れ込みのある求人ではないでしょうか。
学歴不問・未経験歓迎の文字は、来るものを拒まず、誰でも簡単に採用してくれそうなイメージがもたれるためです。
ですが、学歴不問・未経験歓迎求人だからと言って誰もが内定をもらえるわけではありません。
実際に応募した経験がある方は、書類選考にはすぐに通ったり、書類選考なしですぐに面接してもらえたりしたものの、面接がかなりシビアで内定をもらえなかった方もいるかもしれません。

内定を得られる人の特徴を知って選考に臨もう

学歴不問・未経験歓迎だから人材が集まらず困っているのだろうと、甘い考えで応募すると足元をすくわれてしまいます。
学歴不問・未経験歓迎の求人の特徴として、スキルやノウハウが求められる業種や職種が意外に多いためです。
つまり、スキルやノウハウが必要なために、なかなか人材が育たないケースや、少子高齢化によりベテランが定年退職して人材不足に悩む企業などが、苦肉の策として学歴不問・未経験歓迎を打ち出しているケースが少なくありません。
そのため、応募してきた人なら誰でもいいのではなく、鍛えれば一人前に成長して活躍してくれそうな人物、ダイヤの原石を求めているのが実情です。
そのため、採用されたいのであれば、どのような人物であれば内定を得られるのかを知り、それに即した準備をして臨むことが大切です。

業種や職種について理解を深めている人

学歴不問・未経験歓迎ばかりに着目して、業種や職種について調べもせずに応募する方がいます。
ですが、企業としては時間と手間やコストをかけて、採用した人材を一人前にしようとしているわけですから、何の興味も関心も持たず、業界や仕事について何も理解せずに応募されても、その人に対する興味や採用意欲がわきません。
業種や職種について理解をしているかどうかは、面接で尋ねられる志望動機の内容や「何か質問がありますか?」という問いに、細かく積極的な質問ができるかでわかってしまうので気をつけましょう。

スキルアップの目標やキャリアプランを描いている人

学歴不問・未経験歓迎の求人では意欲のある方ややる気重視と、求める人物像に案内されているケースが少なくありません。
やる気や意欲があることを、どうアピールすればいいのでしょうか。
「何でもやります。」とか「残業もいといません。」などとアピールする人がいますが、がむしゃらに働けばやる気や意欲が認められるわけではありません。
学歴もなく、未経験から飛び込んでも、その業界や職種で一人前になり、活躍をしていきたいという気概が求められます。
そのためにはスキルアップや資格取得を目標に掲げたり、将来どのようになりたいのか具体的なキャリアプランをアピールできたりすることが大切です。
また、一人前になるためにすぐに離職してしまわないよう、粘り強さや忍耐力などをアピールできると有利です。

CONTACT