【給与アップを目指す方必見】看護師にはどんな手当がある?!

人気

求人をチェックするときは手当にも目を向けて!

看護師は、さまざまな手当が用意されているため、給与アップにつながるのもうれしい点です。
今よりも収入をアップしたいという看護師さんは、求人をチェックするときにどんな手当がプラスされているのかを確認してみるといいでしょう。
ここでは、看護師の手当には、どんなものがあるのかを詳しく解説していきます。

看護師ならではの資格とは

看護師は国家資格です。
求人をチェックしてみると国家資格である看護師ならではの手当が用意されていることがわかります。
たとえば、資格手当です。
資格手当とは、看護師の資格を持っていることで給与にプラスされるものです。
勤める病院によって違いがありますが、10,000円程度が相場になっています。
また、看護師長などの役職がつくと役職手当が支給されます。
役職手当の額は、病院によって違いがありますが、高いところでは30,000円~50,000円もの高額な額が支給されることもあり、やりがいを感じながら働くことができるでしょう。
役職がつく分、責任は重くなりますが、やりがいが感じられるだけでなく給与アップを期待できるなどメリットが数多くあります。
給与アップを目指すならスキルを磨くこともオススメの方法と言えます。

夜勤をすれば夜勤手当がもらえる

夜勤をする看護師には、夜勤手当が支払われます。
夜勤手当においても勤める病院によって支給額には違いがありますが、5,000円~10,000円ほどが相場となっています。
夜勤を行う病院の求人をチェックしてみると、夜勤の形態や時間帯によって夜勤手当の相場には違いがあるということがわかりました。
長時間働かなければならない二交代制の夜勤の場合、高額な支給額が支払われるので、少しでも収入をアップしたいという方はチェックしてみてはいかがでしょうか。
もちろん、夜勤を行う際には、交代勤務手当も支払われるので安心です。
看護師は、勤務時間が不規則となっており、身体に大きな負担をかけやすいと言われています。
他の職種と比べてみても労働環境のつらさを感じやすいですが、夜勤手当のほかに交代勤務手当が支払われることもあるため、高収入を得ることも夢ではありません。
交代勤務を行うごとに3,000円ほどの額が給与にプラスされていくので、夜勤や交代制勤務を重ねることで、より多くの収入を得られます。

まだまだある!看護師の手当

看護師がもらえる手当をチェックしてみると数多くあることがわかりました。
家族手当や育児手当のほかにも家族手当や通勤手当、住居手当など多くの手当が用意されています。
公立病院で支給される地域手当は、東京や大阪など物価の高い地域で支給され、基本給の10%程度が支給の平均額となっています。
さらに寒冷地で働く看護師のための手当もあることをご存じでしょうか。
寒冷地手当は、北海道などの寒冷地で支給されます。
寒くなると光熱費が増えるため、期間限定で月額10,000円ほどの支給額が給与にプラスされることがあります。
このように看護師には多くの手当があるので、給与アップを目指したい方は、より多くの手当が用意されている求人を見つけることもコツです。

CONTACT