【看護師の年収アップ法】看護師が収入を上げる方法をアドバイス!

人気

まずは看護師の平均年収をチェック

看護師は、他の職種と比べてみても高収入を得られる仕事というイメージを持つ方も多いようです。
しかし、実際には年収は450万円ほどとなっており、多職種と比較してみてもとても多いとは言えません。
ところが看護師の平均年収をじっくりとリサーチしてみたところ、勤務する病院の大きさや働き方によって年収額には大きな違いがあることがわかりました。
都市部の総合病院で夜勤勤務などを重ねた場合、年収額は一気に500万円台にまで跳ね上がります。
看護師は、働く病院や働き方を変えるだけで年収額をアップすることも夢ではありません。
少しでも収入を上げたいという方は、働く場所や働き方を意識するだけでなく、給与にプラスされる手当などにも目を向けてみるといいでしょう。

看護師が高収入を得る方法

看護師は、経験や実績と共に年収額のアップが期待できます。
たとえば、看護師長などの役職につくことで役職手当が支給されます。
勤める病院によって役職手当の支給額には差がありますが、平均で30,000円~50,000円程度となっており、仕事の責任が重くなる分、収入アップが実現しやすくなるでしょう。
看護師は、長く勤めれば勤めるほど勤続年数によって給与が上がりやすくなっています。
自身のキャリアに合わせてスキルアップしていくことも高収入を得るコツです。
さらに看護師には、さまざまな資格があり、キャリアアップできるのもうれしい特徴です。
キャリアアップを目指しながら収入も上げたいという方は、専門看護師や認定看護師を目指してみてはいかがでしょうか。
日本看護協会の認定審査に合格しなければいけませんが、資格を取得することで収入アップのほかにもさまざまなメリットがあります。
たとえば、よりやりがいを感じながら働けるようになるだけでなく、夜勤の回数が減る可能性もあります。
また、看護師長などの役職につくチャンスがあるなど、多くのメリットを実感できるはずです。

働く前に給与にプラスされる手当を確認してみよう

確実な年収アップを目指すなら、給与のほかにプラスされる手当を確認してみることが欠かせません。
看護師にはさまざまな手当が用意されているので、求人をチェックする際には必ず自分の目でどんな手当が給与にプラスされるのかを確かめてみることが大切です。
たとえば、資格手当や通勤手当のほかにも夜勤手当などを用意している病院もあります。
看護師に支給される手当は、勤務する病院によって違いがあるので、収入アップを目指すのであれば待遇面が優れているところを選んでみるといいでしょう。
また、救命救急や集中治療室などで勤務する看護師は、責任や負担が大きいため、もらえる手当が他の部署と比べてみると高額になる可能性があります。
勤務する部署で手当や支給額に大きな差があるので、比較して検討してみることをオススメします。
看護師が活躍できる場はさまざまありますが、総合病院や大学病院などの大きな病院は、個人クリニックと比べると年収額が高いことがわかりました。
大きな病院と個人クリニックを比較してみたところ、基本給だけでなく、もらえる手当も多いので、高収入を得ることが期待できるでしょう。

CONTACT