【看護師の面接対策】よく聞かれる質問とは?

採用

面接前に多くの情報を集めておくと安心

自分に合った職場を見つけるなら面接に行く前に情報収集を行うことが大切です。
何の準備も行わずに面接に向かってしまうと自分が想像していた職場ではなかったなど後悔することにもなりかねません。
また、採用担当者にも一緒に働きたいと思ってもらえるように好印象を与える対応や受け答えをすることも内定を得るコツです。
まずは、求人をチェックし仕事内容や給与を確認するだけでなく、病院のホームページなどを確認し診療科や病院やスタッフの雰囲気のほかにも治療方針などにも目を向けてみるといいでしょう。

面接対策を行うことも内定確率を上げるコツ

面接前によく聞かれる質問事項を把握し回答を準備しておくと、面接の緊張を和らげてリラックスしながら採用担当者と向き合うことができます。
看護師の選考面接で、よく聞かれる質問があるので、まずはチェックすることから始めてみましょう。
面接でよく聞かれる質問のナンバーワンと言えば志望動機です。
「なぜ自院を志望したのか?」と聞かれることが多いため、事前に自分の気持ちをまとめておくことは必須です。
志望動機を聞かれた際に多くの方がキャリアアップややりがいといった言葉を出しがちですが、これだけでは採用担当者にインパクトを与えることはできません。
採用担当者に好印象を与えるには、もっと深く濃い志望動機が必要です。
たとえば、面接を受ける病院ならではのエピソードを盛り込んでみることもオススメの方法です。
病院によって治療方針や力を入れている診療科には違いがあります。
また、勤務体制や支援制度が充実している病院もあるので、それぞれの病院の特徴をつかみ、自身の熱意や本気度が伝わる志望動機を伝えると好印象です。

自己PR文を用意しておく

採用担当者は、これまでの経験やスキルのほかにも人柄を知りたいと思っているため、手っ取り早く応募者のことを知るために自己PRをお願いすることがあります。
「自己PRをしてください」と言われたときに何を話せばいいのかわからないと悩んでしまう方も少なくありません。
自己PRと言っても自己紹介をするわけではありません。
自分の強みや人柄を最大限にアピールできるように看護師として得たいことやこれまでに自分がやりがいを感じたエピソードを述べていくこといいでしょう。
過去のエピソードを交えながら自己PRするときには、自分の長所につながるような経験談を話すこともポイントです。
たとえば、看護師の経験を通して責任感が強くなった、コミュニケーション能力に自信があるなど、看護師として働くうえで必要な長所をアピールすることが大切です。
看護師として転職する際には、「なぜ転職しようと思ったのか?」といった質問をされることが多いので、採用担当者を納得させられるようなポジティブな回答を用意しておくと、面接本番で慌ててしまうことがありません。
人間関係や給与面の不満などネガティブなことを転職理由にすることはNGです。
応募者自身に問題があるのではと誤解されてしまうこともあるので、「キャリアアップしたいから」など自分の成長につながるような転職理由を用意しておくといいでしょう。

CONTACT