医療分野によって求められるスキルの違い

人気

基本を身につけたうえで分野ごとで求められるスキルの違い

看護師の資格を取得して就職したり、別の職場に転職したりするにあたって、どの職場でも同じスキルや経験が活かせるとは限りません。
患者を看護するために必要な医療措置などの基本的なスキルを持っているのは当たり前として、それぞれの医療分野に合わせたスキルを身につけて発揮していけることが求められます。
現場で経験を積みながら高められるスキルのほか、そのスキルがないと仕事ができないケースもあるので注意が必要です。

病棟勤務

病棟勤務は看護師としての医療措置のスキルや看護の基本など、学んできたことが、最も発揮できる現場です。
どの科目の入院患者を担当するかによっても異なりますが、医療措置のスキルを先輩に指導を受けたり、OJTで実践したりしながら、病棟ならではのスキルも身につけていかなくてはなりません。
患者と家族へのきめ細やかな配慮、病状の変化に関する敏感な気づき、データのチェックや管理ができるようになること、交代における申し送りや引き継ぎがうまくできるようになり、互いの連携プレーができることも重要なスキルです。

救命センターや手術室

常に緊張が走り、高い能力とスキルが求められる現場です。
救命救急に必要な専門的な資格や、手術に携わるための高いスキルがなければ就くことができません。
救急看護や手術看護といった認定看護師資格や、急性・重症患者看護、感染症看護、災害看護などの専門看護師の資格を習得しておくことが望まれます。

病院の外来

病院の外来では患者や家族のサポートと、医師のアシスト役、検査への付き添い役が求められます。
患者から問い合わせや相談などの電話などが入ったり、薬局などからの問い合わせもあったりするため、対応スキルも必要です。
基本的には直接アドバイスするのではなく、医師の判断を仰ぐという対応になりますが、コミュニケーション力や医師との連携力を高めることが大切です。

クリニックの外来

クリニックの外来は、病院のように診療科目の異動があることがなく、内科や外科的な病気だけでなく、皮膚科や美容皮膚科、眼科や耳鼻咽喉科など1つの分野に絞られるケースが少なくありません。
医師の人数も少ないので、医師の代わりとなるくらいの高度な処置をサポートすることがあるため、より専門的にスキルを高めることが大切です。

訪問看護

病棟勤務や外来勤務より、自由なワークスタイルがかないそうなイメージですが、通常の看護師の資格に加えて、在宅看護の専門看護師の資格がないと採用されないケースもあります。
医師に同伴しての在宅治療や往診とは異なり、基本的には看護師のみで療養患者の看護をする必要があるので、より専門性を高めなくてはなりません。
病状のケアだけでなく、生活状態にも配慮したり、患者本人や家族のメンタル面のケアや相談に応じられたりするスキルも求められます。

介護施設や保育園など

介護施設や保育園での利用者のケアや、職場の保健室といった場所では、バイタルチェックや急病患者や急なケガなどへの応急措置、健康管理や服薬指導といった仕事がメインになります。
人数も少ないので、1人でも急なトラブルに対応できるスキルや、迅速な判断力、臨機応変な対応力が必要な現場です。

CONTACT