【未経験者必見】機械系エンジニアの気になる年収と将来性

人気

機械系エンジニアの仕事内容

エンジニアリングの主な仕事は、機械を設計したり、機械を使って製品を開発したりすることです。
機械はほとんどの産業に導入されていますが、エンジニアリングは必要に応じて機械の調達や改造、管理を行います。

機械系エンジニアになる方法

機械系エンジニアリングは、機械に関する専門的な知識と、機械を取り扱う技術力が求められる業種です。
機械系エンジニアリングはあらゆる産業に適応できますが、たとえば、医療系であれば薬品の取り扱いに関する知識や、医療業界で使用されている機械の設計、開発などについて知識とスキルを身につける必要があります。
機械系エンジニアになるために必須の資格はありませんが、資格があれば、エンジニアとして知識とスキルを持っていることを証明できるため、就職で有利になります。
機械系エンジニアにオススメの資格は、機械設計技術者試験やCAD利用技術者試験、技術士(国家資格)です。
技術士は専門性によってわかれていますので、就職に必要と思われるものを選ぶことをオススメします。

将来性・需要

機械系エンジニアリングの将来性や需要は、産業分野によって異なります。
とくに有望とされているのは、医療機器メーカーです。
医療はすべての人に必要なことですし、人が生きている限り需要が途絶えるということはありません。
常に新たな医療機器や薬が誕生しているため、将来性は高いと言えます。
IT技術は、人々の生活を大きく向上させ、現代では欠かせないものとなっています。
IT技術はこれからも発展を遂げる可能性が高く、そのためにはエンジニアリング技術は不可欠で、ITも将来性の高い業界になります。

機械エンジニアの年収

機械系エンジニアリングの年収は、業界によって異なりますが、平均年収は490万円と言われています。
知名度があり常に大きな利益を上げている企業に就職した場合、30代管理職で1,000万円の年収が期待できるということですので、就職する業界や会社によってバラつきがあることがわかります。

機械系エンジニアに合う人とは?

機械系エンジニアリングの仕事は、機械を取り扱いますので、機械をいじったり分解したりするのが好きという人に向いています。
機械の取り扱いにはコンピュータを使いますので、ソフトウエアなどコンピュータについて勉強する人も機械系エンジニアに向いていると言えるでしょう。
常に新たな技術や知識が誕生する機械系エンジニアリングの世界で仕事をしようと思ったら、新たなものを身につけようとする向上心や探究心も必要になります。
産業は機械で動かされてると言っても良いほど機械の存在は大きく、その働きによって企業の利益が大きく左右されます。
常に機械が最善のパフォーマンスをできるように管理したり運用したりする必要がありますので、責任感の強さも求められます。

CONTACT