【経歴詐称】転職で偽るのは危険バレたらどうなる?バレる原因は?

採用

経歴詐称に該当するのはどんなこと?

経歴詐称と一口に言っても、いくつか種類があります。
学歴詐称は、中退したのに卒業したことにしたり、在籍していないのに、その学校を出たとしたりすることを言います。
転職回数が多いと不利になると言われていることから、転職回数をごまかす人がいます。
転職回数をごまかすことも経歴詐称に入ります。
求人の中には特定の資格や免許が必要とするものがありますが、持っていないのにそれらの資格や免許があるとするのも、経歴詐称の1つです。
資格や免許ではありませんが、たとえば、TOEICの点数をごまかすというのも詐称になります。

経歴詐称がバレてしまう原因とは?

応募者の前職について調査する企業は減少傾向にありますが、だからと言って経歴詐称がバレないということにはなりません。
たとえば、書類選考で応募書類と履歴書の内容が合わなかった場合、詐称だとすぐにわかってしまいます。
面接の最中にボロが出て、話がかみ合わなくなることでバレてしまうこともあります。
詐称がバレずに入社できたとしても、提出する書類(源泉徴収票など)の手続きをしている過程で矛盾が出れば、嘘をついていることがバレてしまいます。
入社時に必ずと言っていいほど提出する年金手帳の加入経歴からも、経歴詐称がバレることもあります。
経歴詐称を防ぐため、独自にリファレンスチェックをする企業も増えてきました。
とくに外資系や金融系の企業は、積極的にリファレンスチェックをする傾向があるようです。
リファレンスチェックは、前の会社の上司や同僚などに直接聞きますので、かなり高い確率で嘘がバレてしまいます。
そのほかにも取引先がたまたま知っていたり、SNSの履歴から嘘がバレたりと、経歴詐称が発覚する原因は予想以上に多くあります。

会社に経歴詐称がバレてしまったらどうなるの?

経歴詐称から刑事事件に発展するということは、ほとんどありませんが、企業内で処分が下されるということは避けられないでしょう。
小さな嘘であれば、記入ミスなどで許してもらえるかもしれませんが、明らかに詐称が目的と見なされると、内定取り消しなどのペナルティが課されることになります。
入社後に発覚した場合は解雇という処分が下されるかもしれません。
仮に会社に残ったとしても、周囲の信頼を失い、もとのように仕事ができなくなることも考えられます。

自分を誇張したり偽ったりしないのが一番!

経歴詐称で入社するのは、自分で自分の首を絞めるような行為です。
入社後、期待されているように実力が追いつかなかったり、つじつまを合わせようと会話がぎこちなくなったりと、苦労することになります。
一番大切なのは、経歴に頼らず自分の価値や強みを見つけ、それで勝負することです。
誰でも1つは他の人に負けないアピールポイントがあります。
自己分析をして、自分の価値を引き出すようにしましょう。

CONTACT