【準備~内定・退職】転職は計画的に!転職活動の流れをチェックしておこう!

転職

転職活動の流れ

転職を思い立ったら、まずは行動が大切です。
大半の人が退職せず働きながら転職活動を進め、内定をもらってから退職しています。
仕事をしながら転職活動をするので、かなり忙しくなることは確かです。
そのような中で行き当たりばったりの就職活動をしては、納得できる転職先には転職できません。
転職活動はスケジュールを立てて計画的に進めるのが鉄則です。
転職期間は平均して3~6か月とされているので、まずは3か月後の転職を目途にスケジュールを立て、逆算して計画に沿った転職活動を進めていきましょう。
転職活動の流れは以下のとおりです。

転職活動の準備をする
応募書類を作成する
求人に応募する
面接を受ける
退職・新しい会社へ入社する

では具体的にどのような準備や手続きをすればいいのか順番に見ていきましょう。

転職活動の準備をする

まずは転職活動の準備が必要です。
転職予定の3か月前から自分に合った転職先を見つけるため「キャリアの棚卸し」「情報収集」「企業研究」を始めます。
キャリアの棚卸しというのは、過去の職歴や実績を洗い出すことです。
過去の経験を書き出して照らし合わせ、その中から自分の強みと弱み、自分に合った業種や職種を再確認するのです。
自分に合った業種・職種がわかったら、ハローワークや転職サイトなどで求人をチェックし、なるべく多くの情報を収集・比較します。
その中で興味を持ったすべての企業を対象に企業研究を行います。
企業のWebサイトを見たり転職フェアに参加したりして、企業の業務内容、風土、求めている人物像などを把握し、応募する求人をピックアップしましょう。

応募書類を作成する

続いて、企業の採用選考に提出する応募書類(履歴書、職務経歴書など)の作成に取りかかります。
転職活動の準備と応募書類の作成で、2週間くらいかかると見ておきましょう。

求人に応募する

応募書類が完成したら企業へ提出します。
応募したら面接当日に向け、質問の回答例を用意したり面接のシミュレーションをしたりと、しっかり面接対策を行っておきましょう。

面接を受ける

入社予定の2か月~1か月間を目途に、応募先企業の面接を受けます。
面接は一社につき一次~三次まで行われることが多く、たいていは複数の企業に応募するのでタイトなスケジュールになりがちです。
死後ともしながら面接を受けに行くのは大変ですが、スケジュールを調整しながら面接をこなしていきましょう。

退職・新しい会社へ入社する

転職に向け、現在勤務している企業の退職手続きを行います。
思い立ったらすぐ退職できるわけではありません。
退職するには企業へ退職届を提出し受理してもらう必要があるので、企業が定める退職規約に基づいて早めに退職届を提出しましょう。
退職予定日の1~2か月前に退職届を出すのが一般的です。
退職するまでには、仕事の引き継ぎ、事務手続き、有給の消化などの退職準備が待っています。
また、企業から退職を引き止められ退職するまでに時間がかかってしまうこともあります。
手続きに手間取ると、転職先の入社予定日までに退職できなくなる可能性があるので、余裕を持ったスケジュールで退職準備を始めるようにしましょう。
晴れて退職したら、新天地でのスタートが待っています。
転職活動は計画的に効率よく進めていきましょう。

CONTACT