求人は雇用形態をまずチェック!ライフスタイルに合わせた働き方を選んで納得の転職を

転職

求人の雇用形態を知ろう

就職や転職を考えるときに判断するポイントはいくつかありますが、その中でも必ず確認したいのがその求人の雇用形態です。
正社員や契約社員、派遣社員にパートとなんとなく言葉は知っていても、どのような働き方の違いや賃金の違いがあるのかはよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
雇用形態の違いによって、採用が決まったあとの働き方にも大きな差が出てきてしまいます。
あらかじめさまざまな雇用形態と働き方・賃金などその特徴を知って、自分に合った働きやすい環境を選び、就職・転職を成功させましょう。

雇用形態ってそもそも何ですか?

雇用形態とは会社と従業員が結ぶ雇用契約の種類で、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト・パートに分けることができます。
よく聞く正社員・非正規社員というものは、実は法律上の分類ではなく、労働基準法のうえではすべての働く人は労働者となっていて区別がありません。
そのため、企業によって正社員やパートなどそれぞれの働き方への定義やルールが代わってくることもあります。
いざ就職して「こんなはずじゃなかった」となってしまわないように、あらかじめ就職を希望する会社の雇用形態とそのルールを知っておくことが大切です。

労働契約に期限がない正社員

正社員とは労働契約に期限の決まりがなく長期にわたって働くことを前提とした雇用形態です。
ボーナスや交通費が支給される、社会保険が完備されているなどの福利厚生も充実しているケースが多くあります。
その一方で転勤や人事異動の対象となったり、残業を求められたりすることもあるのが正社員の特徴と言えるでしょう。
起業の中心となって動く、安定した働き方ができるのが正社員の魅力です。

雇用期間に上限がある契約社員

契約社員は企業との直接雇用契約がありながら雇用期間に上限がある雇用形態を言います。
一般的に3年を超える契約はできずに、雇用期間が終了すると退職か再契約を行うことになります。
勤務時間や賃金は企業と雇用者で個別に取り決めが行われ、社会保険や賞与が正社員と同等につく場合もあります。

人材派遣会社と雇用契約を結ぶ派遣社員

勤務地となる企業と雇用契約を結ぶのではなく、人材派遣会社との雇用契約を結ぶ働き方を派遣社員と呼びます。
実際に勤務する企業とは派遣契約というものを結び、業務に関する指示を受けますが、賃金は派遣会社から支払われる形になり、福利厚生も人材派遣会社のものを利用することになります。
自分に合った働き方、職種を人材派遣会社に伝え、紹介してもらえる一方で賞与などはありません。

ライフスタイルに合わせて短期間で働くパート・アルバイト

パート・アルバイトは基本的に短い期間・短い時間で補助的な働き方をする雇用形態です。
勤務日数によっては社会保険や交通費の支給を受けることができますが、一般的に賞与は支給されません。
自分の生活のスタイルに合わせて働くことができるのがメリットですが、賃金が安く抑えられていたり、安定した働き方とは言えず社会的信用が低かったりするなどのデメリットもあります。

最後に

安定した働き方ができる正社員からライフスタイルに合わせて働けるパート・アルバイトまで、それぞれメリットもデメリットもあります。
まずはこうした雇用形態の違いをしっかりと知って求人をチェックしましょう。
自分が人生で大切にしていることや家庭の事情、将来の人生設計をしっかりと考えて雇用形態を選ぶことで、自分らしい満足の転職・就職ができます。

CONTACT