夜勤や長時間労働が当たり前ではない多様化する看護師のワークスタイル

働き方

夜勤や長時間労働で働くのをあきらめていませんか

新卒で意気揚々と入職した病院で夜勤がつらかった、長時間労働に耐えられなかったと離職してしまう方は少なくありません。
看護師の仕事と言うと夜勤や長時間労働が当たり前とインプットされてしまい、せっかく資格があるのに活かせていない人も多いのではないでしょうか。
ですが、看護師の雇用形態やワークスタイルも多様化しています。
自分の気力や体力に合わせた働き方や、子育てや家族の介護など家庭との両立や自分がやりたいことの時間も作りたいという自己実現との両立さえ可能です。

日中のみの仕事は意外に多い

夜勤はしたくない、際限のない長時間労働は避けたいといった場合の選択肢は意外に豊富です。
入院病棟がある病院の病棟勤務ではなく、外来勤務のみの求人を選ぶか、クリニックや診療所など入院施設がない医療機関を選べばいいからです。
診療所は基本的に平日のみで、土日や夜間の当番勤務があるケースがあります。
クリニックの場合は診療科目や立地により、平日のみ、土日や夜間も診療しているケースがあります。
正社員であればシフト制や応相談、アルバイトの場合は曜日や時間帯は応相談といった求人が多いです。

週に数回だけ働ける求人も増えている

子育てや自分の勉強などと両立しながら、資格も活かせたいといったときには、週に数回だけ働ける契約社員やアルバイト、パートの求人も探せます。
老人ホームや保育園、福祉施設などのバイタルチェックや応急措置に対応する看護師や、健診センターなどの募集でも、フルタイムのほか、パートタイムなどを募集しているケースが少なくありません。
訪問看護の専門資格をお持ちなら、訪問看護事業所の求人も柔軟度が高い職種です。
平日の日中フルタイムでといった求人もありますが、自分の空いている時間だけ働ける雇用形態もあるからです。

稼ぎたいなら夜勤専従という方法も

夜勤がつらいという方もいますが、夜の勤務よりも、日勤と夜勤の生活リズムがうまく作れないと悩む方は少なくありません。
また、自分は夜型だから夜勤の方が楽という方、夜勤の方が稼げると考えている方もいるのではないでしょうか。
そうした方には夜勤専従という雇用形態もあります。
週に3回程度の勤務で夜だけ働けるので、少ない日数でも稼げて効率的です。
夜型の方や、休日を増やしてスクールなどに通いたい方や自分の趣味などの時間に充てたい方にはオススメの働き方です。

正社員だけれど医療措置ではないお仕事も

看護師の仕事と言うと現場でのケアや治療、バイタルチェックにあたる求人ばかりに思えますが、オフィスワーク系や直接の治療には携わらない仕事もあります。
近年増えているのが健康食品メーカーやスポーツクラブ、保険会社などが顧客向けサービスとして設けている電話やメールによる健康相談センターや、製薬メーカーと医療機関や被治験者をつなぐ治験実施機関での治験コーディネーターなどのお仕事です。
正社員としてのフルタイム勤務を中心に、相談センターではパートやアルバイトといった雇用形態もあります。

CONTACT