高卒フリーターが正社員になれる可能性は?今の就職状況を解説

採用

高卒フリーターは苦労する

高卒フリーターは苦労する

高校卒業したあとも、やりたいことがきちんと決められずにフリーターになった方もいるかもしれません。
今は若いのでまだ気にならないかもしれませんが、ずっとフリーターのままだとお金の面でも苦労します。
ここでは高卒フリーターの方でも正社員になる方法を紹介していきます。

フリーターと正社員の差

フリーターと正社員との生涯賃金の差
フリーターと正社員との生涯賃金の差

このまま生涯ずっとフリーターのような仕事ばかりをしていたときと、正社員として定年まで働いたときとでは、生涯賃金は億単位で変わってきます。

 

令和元年厚生労働省調査高卒賃金平均(男)

19才以下ではは182,700円

30代前半では258,800円

40代前半では309,500円

50代前半では348,100円

令和元年厚生労働省調査高卒賃金平均(女)

19才以下ではは172,900円

30代前半では204,500円

40代前半では221,000円

50代前半では231,300円

 

となっています。

参考資料 厚生労働省 令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況PDF

 

一方バイト(短時間労働者)の平均時給は時給1148円。週30時間勤務として計算すると平均月収137,760円でずっと賃金は変わりません。

男の場合でバイトと正社員の生涯賃金を比較してみると、正社員の場合は1億4142万円、バイトの場合は6778万円となり実に2.09倍も賃金が違うことが分かります。

 

今は若さでさまざまなアルバイトも掛け持ちして働けますが、年齢と共に体力も衰えてきます。
さらに経営が傾き従業員の整理をする際など、まず職を失うのはアルバイトや派遣、契約社員からです。
正社員は保証されている部分もあり、すぐに切られる対象とはなりません。
そして社会保障も充実していて、厚生年金も半分は会社が負担してくれます。
万が一転職を考えたときにも、正社員はスキルも身につきますし、キャリアもしっかりと積めます。
武器としてアピールでき、元の職場よりもお給料が上がる場合もありメリットばかりです。

高卒フリーターでも正社員になれます!

高卒フリーターでも正社員になれる

自分の中でどうせ高卒だから自分は難しいという気持ちを持っていたら、そのままの生活になってしまいます。
まずは自分はもっと責任のある仕事をして、正社員を目指すのだという気持ちを大切にしましょう。
前向きな気持ちを持っていると、面接などでも人事の方にも伝わりやすく就職も決まりやすいです。

今アルバイトをしているのであれば、頑張りを店長に見てもらうチャンスです。
頼りになって正社員として頑張ってほしいと思ってもらえると、声がかかるケースもあります。
自身でもアルバイト先に正社員登用制度がないかなど、調べてみてもいいでしょう。

大学や専門学校へ進学し力をつける

高卒で専門学校進学

スタートの賃金なども、高卒と大卒では差がついてしまう場合もあります。
とくに大企業を目指したい場合は、大卒であることが当たり前の条件になっているケースもあります。
高卒でフリーターだったという肩書きのままでは、理想の企業への就職が難しい場合も考えられるのです。
学費はかかりますが、働きながら通信制の大学に通うことも可能ですし、専門的な技術を身につけて働きたいときには専門学校に通ってもいいでしょう。

自分だけでは難しいときには

気持ちだけはあるものの、どこから手をつけて正社員を目指したらいいのかわからない場合は、転職エージェントを利用してみましょう。
自分だけで考えずに、担当のエージェントに常に相談ができます。
書類選考の際の書き方や、面接の対策もすべてを行えるのです。
密に一緒に対策を立ててくれますので、細かい質問なども気軽に聞けて解決します。
さらにフリーペーパーやハローワークに載っているような求人だけでなく、非公開の条件の良い求人を持っています。
高卒でフリーターでも若いと、それだけでほしいと思う企業もあります。
若い人の方が経験が少なくても素直で教えやすいと思っている企業もありますので、あきらめる必要はありません。
ブラック企業はなく、ホワイト企業のみを紹介してくれるのも安心できます。

CONTACT