【少しでも採用が多い時期に動きたい!】採用が活発になる時期って何月!?

採用

一番のピークは3月

1年の中での採用ピークと言えば3月で、この時期の求人を見ると数の多さにも驚くでしょう。
とくに閑散期に転職をしようか検討していた方が3月の情報を見たら、数の違いに気づくはずです。
企業側としても、新卒の社員が4月に入ってきますので、一緒に研修を終わらせたいと思っています。
3月に採用になり4月から働くメリットとして、きめ細やかな研修を受けられるという点です。
正直時期がズレてしまうと、新卒の方も受けるような研修を行っている職場は稀です。
ある程度ポイントだけを教えてくれて、これまでの職場で経験しわかっているであろうと思われ進んでいく場合もあります。
転職でも未経験の分野を目指す場合には、4月入社を狙うと安心です。

次に9月がピークになります

3月と同じくらいピークになるのが、9月になりここでも求人数が増えます。
とくにターゲットとなるのは中途での採用で、できれば似たような分野で働いていた方が有利です。
4月に比べるとそこまできめ細やかな研修ではなく、基本は知っているであろうという前提で、会社独自の部分だけを新しく覚えるため研修をします。
そして即戦力となり、活躍してくれると感じた方だけが採用になりやすいです。
夏のボーナスをもらって辞める人も多いタイミングですので、似たような業種を目指しているのであればオススメの時期です。

6月も密に活発になる!

企業にとって4月から5月の前半は本当に忙しい時期で、新しいことを行いながら通常の業務も進めるため採用に時間が割けません。
しかしゴールデンウィーク明けあたりから少しずつ落ち着き、6月にも余裕が出ます。
この頃に誰かが辞めてしまったりなどで人数が足りていないと感じると、採用が活発になります。
あまり4月に新卒の社員と一緒に研修を受けるのは引け目を感じてしまうという方は、あえて6月入社を目指すというのもいいでしょう。

転職したいと思ったときがベストなタイミング

採用が活発になる時期はいくつかありますが、求人が少なくなる時期だからと言ってまったく採用されないというわけではありません。
1年の中で何月であっても、少なからず求人は存在しますので、どこも受けられないまま終わることはまずないのです。
少ないときだからこそ逆にライバルも活発になる時期を狙っていて、逆にライバルが少ない場合もあります。
転職して働きたいと思ったときに、目指している業種や企業があれば問題ないので、あきらめずに探してみましょう。
もし採用が活発になる時期に動きたいと思ったときには、その2か月前から動くようにしましょう。
3月であれば1月からどのように活動していくかを考え、具体的に転職活動を進めていくと成功しやすいです。

CONTACT