内定を得るには選考者の気持ちを知ることが大切

採用

人事担当者や面接官は何を考えているのか

企業の採用面接を受ける場合、どのようなことを考えて臨んでいますか。
小さな企業ならともかく、大手企業では各部署の管理職から、まだ若い世代の社員まで駆り出されて面接をしていたりするし、マニュアル化された基準をクリアすれば内定がもらえるのではと思っていませんか。
一方で、どの面接官にあたるかで内定がもらえるかが決まると恐れている人もいるかもしれません。
要はその面接官に気に入ってもらえるか、自分との相性が求められると考える方もいるはずです。
ですが、いずれも極端なイメージであり、実際には考えている以上に、1人ひとりをきめ細やかにチェックしています。
そのための基準となるのが、企業としてどんな人材を求めているかを共通認識した気持ちです。

自社にマッチした人材か

人事担当者や面接官といった選考者が、何よりも基準に置いているのが、自社にマッチする人材であるかです。
学歴や能力だけで測れるものではなく、人柄や実際に接してみたときの感触が重視されます。
簡単に言うと、一緒に働きたいと思えるか、外に出して恥ずかしくないかといったことです。
社風に合う、仕事に合う、職場になじむといった部分は、学歴や経験だけでは推し量れず、面接における人と人との対話や表情を含めた感覚的なインスピレーションによるところも多いのです。

他の企業が本命なのではないか

就活にしても転職活動にしても、ぜひとも入社したい1社に限定せず、複数の企業を保険的に受ける人は多いのではないでしょうか。
内定を出すうえで、選考者が気になっているのが、この部分です。
自社が本命であるのか、内定を出せば、確実に内定につながるのかという部分です。
企業から見れば、内定を出したのに実際には入社してくれないとなれば、一からまた人材を探し直さなくてはなりません。
求人広告を出し、書類選考をして面接を行いといったプロセスが再び必要になります。
内定を辞退した人にかけた時間とコストが無駄になり、新たに採用の労力とコストが発生するという二重の負担が生じるわけです。
企業にとっては損失であり、面接官たちも忙しい業務をやりくりして、採用のために時間を割いているわけですから、極めて本命であろう人を取りたいという気持ちでいます。
応募者にとっては、本命か否かを問わず、内定を得たいなら、そこが本命だとアピールすることが大切です。
徹底的にその企業を調べる、その企業でどう貢献できるのか、入社後に活躍する姿を具体的にアピールしましょう。

すぐに辞めてしまわないか

内定を出して入社に結びついても、すぐに辞めてしまう人材では、また一から求人を募集しなければならず、内定辞退と同様に採用コストの無駄が生じます。
さらに入社したからには教育や研修を行うための人材やコストをかけ、まだ十分に仕事ができないうちから給料を支払い、社会保険料なども負担しなくてはなりません。
にもかかわらず、研修中に辞めてしまったり、研修を終えて1人立ちした途端に嫌になって辞めたりしたなどとなれば、企業にとっては損失です。
そうならないよう、すぐに辞めてしまう人材ではないかを知りたがっています。
具体的には過去の経験や経歴を根ほり葉ほり聞かれたり、転職者なら仕事を辞めた理由を尋ねられたり、新卒なら過去に長く取り組めた経験があるかなどを尋ねられます。

CONTACT