【二択に迫る】在職中に転職活動すべき?退職後に転職活動すべき?転職活動スタートに最適なタイミング

転職

在職中に転職すべきか退職後に転職すべきか

転職を希望している方にとっては、できるだけ早めに転職活動を行いたいところですが、在職中に転職活動を行える方もいれば、退職後に転職活動を行う方もいるでしょう。
もちろん、どちらをとっても間違いではありません。
そもそも在職している限りでは仕事で休みを取りづらい状況の方も多いでしょう。
しかも転職活動は、何社も受ける形になり何日か有休を取らなければならない状況になります。
在職中に転職活動を行うことで、空白期間がなくなるのでそのまま駅属して働くことができ収入面で心配することがありません。
ただ、退職後に転職活動を行うことも決して悪いことではありません。
いつ決まるかどうかについて不安に思う方も多いかもしれませんが、時間的に余裕がある分転職活動1本に集中できるという点が挙げられます。
職業安定所に足を運んだり、エージェントなどに会ってじっくり話を聞いてみたりと思わぬ希望の求人を見つけるチャンスがある可能性も高いです。
つまり、どちらを選んでもとくに問題はなく、退職後に転職活動をしたことで応募企業から採用の合否に関わるようなことはとくにありません。
ただ、離職の空白期間が長くなると企業側に少々マイナスな印象を与えてしまう可能性は否めません。
そのようなときは離職後の空白期間の間に、資格を取得したなどのように、何をしてきたかについて説明ができると良いでしょう。

在職中の方がメリットは大きい

もちろん採用の合否に関わることではありませんが、できればちょっとでも離職後のブランクを短くするためにもできるだけ在職中に転職活動を行うのが良いと考えられます。
これは皆さんにとってメリットが大きいからです。
今では転職サイトがいくつもあり、気軽に利用できます。
また近年は転職エージェントが人気で、専任のキャリアアドバイザーから条件や希望に合った求人を紹介・提案してもらうことができるからです。
わざわざ足を運ぶ必要がなく、電話やメールなどを使ってやりとりができますし、勤務時間外の隙間時間で転職活動を行えるので便利です。
もちろん日頃から仕事が忙しくなかなか有休が取れない場合も、アドバイザーが相談に乗ってくれることもありますので心強い味方になります。
エージェントは、面接などの段どりやスケジュール調整なども行えるので、在職中の方も仕事と転職活動をバランス良く行うことが可能になり、とても便利です。
1人で仕事を探すよりも、求人や採用企業に関する情報を持っているエージェントは、より客観的な視点で応募者へのアドバイスを提供できます。
転職活動は、在職中に転職エージェントを徹底活用することが大きなポイントとなっています。

退職後の転職活動はどこを気をつける?

退職後に転職活動を行うことで一番リスクを伴うのはやはり収入面です。
だいたい転職には3ヶ月程度から長くて半年程度は活動に時間がかかります。
仕事が激務で転職活動に時間を割けなかったということはやむを得ません。
ただし、できるだけスムーズな転職活動を退職後すぐに始められるように、転職においてどんなことを求めているのかを明確にしておくことは必要です。
どのようなビジョンでどのような職種でキャリアアップを叶えたいか、その熱意についても考えておくと後の転職活動の志望動機などにも役立つでしょう。
これまでの経歴やスキルについても洗い出しておくと、自己PR作成もスムーズに進めることができます。
退職後の転職活動の場合も転職エージェントを利用すると、より円滑に活動を進められます。

CONTACT