転職したいのに行動できない人の特徴

転職

転職したいけど迷ってしまう

今の仕事に悩みを抱え転職したいと思っているのになかなか行動に移すことができないという方も多いのではないでしょうか。
でも、それでは時間が過ぎるばかりで何も解決しないですよね。
仕事を辞めたいけど辞められないと迷っているだけでは年齢を重ねてしまい、転職のチャンスも逃してしまうでしょう。
じっくりとリサーチしてみると転職したいと思っているのに行動できない人には共通点があることがわかりました。
いったいどうして思い切って転職活動ができないのかという点に注目しながら、退職するのを迷ってしまう人の共通点を解説します。

退職する意思を伝えられない

今すぐ仕事を辞めたいと思っていても、上司に退職したいという気持ちを伝えることができないという方も多くいます。
確かに退職したいという気持ちを上司に伝えるときには、その理由を聞かれることもあるので、どんな風に自分の気持ちを言えばいいのか迷ってしまうかもしれません。
また、上司が自分の気持ちをすんなりと受け入れてくれるのかといった不安もあるのではないでしょうか。
せっかく勇気を出して退職の意思を伝えたのに、引き留められてしまったり叱責されたりしたらと思うと怖くて言い出すことはできません。
上司に対して恐怖心やマイナスイメージを持っていると辞めたいという気持ちを伝えることに臆病になり、いつまでも言い出せないまま時間が流れてしまうという方も少なくないのです。

退職の手続きや転職活動が面倒だと感じてしまう

いざ会社を辞めたいと思っても、ただその意思を上司に伝えるだけでは退職することはできません。
ちょっと面倒だと感じてしまう退職の手続きを行ったり、その後は転職活動も進めたりしなければ充実した日常生活を送ることは難しくなります。
仕事を辞めるとなると多くのことに向き合わなくてはならなくなるため、それを面倒だと感じてしまうと、結局退職することなく今の職場にダラダラと居続けてしまうという方もいるようです。

やりたいことがあっても職場の人たちに罪悪感を抱いてしまう

今後どのような仕事に就いてどんな風にキャリアアップしたいのかが明確になっていても、今の職場の上司や同僚たちに罪悪感を抱いてしまい、転職のチャンスを逃してしまうという方もいます。
真面目で誠実な性格の人は、周りの人のことを考えすぎてしまうことも多く、自分の人生に自信を持って向き合えないこともあるでしょう。
しかし、自分の人生ですから転職したいと思ったときに真剣に将来のことを考えているのであれば自信を持って行動に移すべきです。
職場の上司や同僚に罪悪感を抱いてしまうという方は、他人軸で物事を考えられる可能性があります。
考え方を他人軸から自分軸にチェンジすることで、自分で決めたことに自信が持てるようになります。
「自分の考えは間違っていない」「これからの人生はもっと良くなる」と信じて行動できるので、仕事を辞めたいと思ったときも迷いがありません。
上司や同僚への気遣いももちろん大切ですが、今後のキャリアアップを目指すのであれば自分を信じて行動してみることも間違いではないのです。

CONTACT