【子持ちの看護師必見】育児と両立しながら再就職を成功させるポイント

転職

子どもがいても活躍できる

結婚して育児をしていると看護師としての自分のキャリアはあきらめなければいけないのかと悩んでしまう女性も多いのではないでしょうか。
せっかく看護師の資格を持っているのに結婚や育児を理由にキャリアアップをあきらめてしまうのはつらいことです。
30代の看護師の多くが仕事と育児の両立に悩んでおり、独身の頃のように自分らしく働くことができていないと感じています。
しかし、子持ち看護師であっても再就職を成功させ、以前のように活躍することは無理なことではありません。
子持ちの看護師が育児をしながら再就職する際には、どんな点に注意すればいいのかをアドバイスしますので、ぜひ参考にしてみてください。

仕事と育児を両立できる働き方を考えてみよう

子持ち看護師が再就職する際には、まずは自分に合った働き方を考えてみるといいでしょう。
職場によっては夜勤をしなければいけないところもあるため、小さなお子さんがいる子持ち看護師の場合、家族の協力が不可欠になります。
しかし、求人をチェックしてみると、昼間だけの短時間パートや日勤だけの正社員を求めているところも多くあり、自分の希望に合わせて働きやすくなっていることを実感できます。
また、近年では、1日だけの派遣バイトも増えてきました。
旦那さんがいる休日だけ働きたいという看護師も子どもに負担をかけることなく仕事ができるので安心です。
また、小さなお子さんは、突然体調を崩してしまうことが多くあります。
万が一、急に子どもが体調を崩してしまったときに家族の協力を得られるのかという点のほかにも、職場が柔軟に対応してくれるのかを事前に確認しておきましょう。

残業のない職場を選んでみて!

看護師と言っても働き方はさまざまです。
子持ち看護師にオススメの働き方と言えば残業なしの職場を選ぶことです。
急に残業を頼まれてしまうと子どもの保育園のお迎えが間に合わないというトラブルに見舞われがちです。
他の同僚看護師たちが残業をしているのに子どものお迎えを理由に自分だけ帰るのは申し訳ない気持ちになってしまう方も少なくないかもしれません。
そんな方は、残業のないクリニックを選んでみるといいでしょう。
外来を担当する看護師は、ほぼ残業をすることはありません。
診療時間内で患者さんの受付が終わるので、定時で帰ることができます。

単発バイトは時間も収入も満足度が高い

看護師の単発バイトは、自分の空いた時間に働けるのもメリットです。
家族に子どもを見てもらえるときだけアルバイトを入れることも可能なので、保育園に入園できなかったという方も看護師として活躍することが実現します。
単発バイトは時給が高く、短時間であっても高収入を得ることも夢ではありません。
自分の空いた時間を有効に使って手っ取り早く稼ぎたいという方にもオススメの働き方です。
子どもが小さいうちは、ある程度の妥協は必要かもしれません。
しかし、少しずつでも看護師としての経験を積み重ねていくことで、将来のキャリアアップにつながります。
賢く働いて育児と両立しながらキャリアアップを目指していきましょう。

CONTACT