子持ち女性でも正社員になれる方法はある?転職の成功率を伸ばす方法

転職

子持ち女性だって働きたい

子どもの年齢がある程度落ち着いてくると本格的に仕事を始めたいと思っている女性も近年は増えています。
ただし、やはり子持ち女性と言うと、いまだに企業から採用を避けられる傾向にあります。
子持ちということは家事だけでなく、育児も合わせて仕事と両立していかなければなりません。
本人にも負担がかかりますし、企業側としては負担で辞めてしまうのではないかと思われても仕方がないのです。
また、子どもが小学生などのうちは家庭を優先に考える女性も多いので企業としてはどうしても敬遠してしまう傾向にあります。
しかし近年は、理解を示す企業も増えてきているのであきらめる必要はありません。

正社員になるために心がけておくこと

正社員として働きたいのであれば、あきらめることなくこれまでの経歴やスキルについて準備をしてアピールできるようにしましょう。
きっと正社員を目指している方であれば、結婚前にキャリアを積んできた経験がある方がほとんどかと思います。
これまでの経験などを積極的に応募書類へアピールできるように、時間があるときに考えておくと良いです。

あなたが正社員を目指すなら外せないポイント!

もしあなたが子持ち女性で正社員を目指すのであれば、絶対に外さないポイントがあります。
それは、これまでのキャリアを活かした職種、業種を選んで応募することです。
アルバイトやパート程度であれば、未経験の職種への応募でもさほど問題ありませんが、正社員となるとそれだけのスキルやキャリアが求められます。
一般的に正社員の中途採用枠は即戦力が求められるからです。
実際に入社してみてすぐにスキルを活かした仕事ができる方を求めています。
社員のために新入社員のような教育体制が整っていることが少ないので、ゼロから新しい職種にチャレンジしたいという方は基本的に向いていません。
それに子持ちとなると、なかなか仕事を覚えるのも家庭のことも考えながらとなるので難しく、皆さん自身もストレスになってしまう可能性があります。
できればこれまでのキャリアを活かした業種へ応募するように注意しましょう。
また、応募する企業についても参考にしておきたいポイントがあります。
近年では、産休や育休について積極的に行われている企業が増えています。
これらの取得実績が高い企業を選んで応募すると安心です。
このような会社は基本的に急な子どもの体調不良や学校行事などについても理解を示してくれる可能性が高いです。
大手企業などはとくに育休制度がしっかり整っている企業が多いので狙い目と言えるでしょう。
このほかにも女性が多く活躍している会社は、子持ち女性が多く活躍しているケースも多く、会社自体も女性に対する理解がある可能性が高いです。
同様に子どもを持って育児と家事、仕事を両立している方が多いことで入社してからも働きやすい環境にあるので安心です。
だからと言って大手企業となるとやはり応募者が多くなりますので、応募するには事前にキャリアや自己PRをしっかり準備してから応募をすると安心です。
また、派遣社員などで紹介予定派遣と呼ばれる派遣社員として働きながらも正社員を目指せる企業もありますので、利用してみると良いでしょう。
はじめは派遣であっても、能力を認めてもらうことができれば、正社員採用に変わることができるため、実力をアピールできるチャンスにもつながります。

CONTACT