将来性が期待できる【施工管理】の仕事や年収を解説

人気

施工管理の仕事

施工管理とは、その名のとおり、工事現場で施工する際にスケジュールや作業員などを管理する仕事です。
工事をスタートさせるまでには、作業のスケジュールを組み管理しなければいけません。
また、品質管理や作業員の安全管理を行うことも求められます。
正しく安全に工事を行うためには、施工管理者を立て、さまざまな視点から対応しなければなりません。
施工管理者は、工事現場の管理を行っていますが、仕事の幅は広くさまざまな面にアプローチしています。
たとえば、施工計画を立てるのはもちろんのこと、工事にかかる費用面までリサーチし、予算を組み立てスムーズに施工を進められるよう管理を行わなければいけません。
工事現場の管理のみならず書類作成などの仕事も行うため、時にはオフィスワークをすることもあります。
しかし、常に机に座って作業をするのではなく、実際に工事現場まで自分で足を運んで作業員とやりとりすることもあるので、オフィスだけに縛られることに抵抗があるという方に最適な仕事です。

施工管理の仕事は需要が高い

施工管理の仕事に興味があっても将来性が期待できなければ思い切って転職することはできないという方も多いことでしょう。
しかし、施工管理は求人数も多く、今後も需要が高いと言われています。
また、資格も数多く用意されているので、スキルアップやキャリアアップはもちろん、年収アップを目指すのであれば積極的に資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。
施工管理に関わる資格を挙げてみると、建築施工管理技士や土木施工管理技士、造園施工管理技士などさまざまあります。
資格によって関わる現場に違いがありますが、資格を取得することでより深く多くの仕事に携われるのもうれしい点です。
実際に施工管理者として活躍している方たちは、「知識を活かして幅広く仕事に携わることができている」「達成感を得られる仕事」といったポジティブな感想が多く寄せられており、日々やりがいを感じながら仕事に携わることができていることを実感できます。
施工管理者は、建築業界や造園業界、土木業界など、さまざまな場で求められる貴重な存在です。
今後もニーズは高まると見られており、将来性を期待できるでしょう。

年収はどれくらい?

施工管理者として働きたいと思っている方の一番の疑問は年収ではないでしょうか。
やりがいを感じながら仕事をしたいというのも多くの方が抱く希望の1つですが、できたら高収入を得たいと思うのも働く人にとって共通の願いかもしれません。
施工管理者の年収は、地域によって差がありますが、未経験者からスタートした場合、300万円が平均相場です。
もちろん、経験を積むことで年収額は大幅にアップしていきます。
経験年数が多いベテランの施工管理者になると年収額は500万円~600万円にまでアップし、高収入が期待できることがわかります。
現在、施工管理者の求人は増えており、好条件のものが多くあるのもうれしい点です。
未経験からスタートできるので、オフィスワークではなく屋外でバリバリと働いて活躍したいという方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

CONTACT