転職の書類選考で通らない人必見!内定獲得する書類の書き方

転職

転職の書類選考で見られるポイント

転職の書類選考を通過するということは、内定を獲得する第一歩です。
合否は書類選考の書き方や内容に影響されますので、慎重に書く必要があります。
書類選考に合格するためには、採用担当者が書類選考で何を見ているのかを理解することが大切です。
ここでは転職の書類選考で見られるポイントについてご紹介します。

書類選考の目的とは?

企業が転職の面接の前に書類選考を実施するには、理由があります。
面接前に応募者の絞り込みをするために書類選考を実施している企業は多く、中には求めている人材のみを選ぶために、書類選考の段階で徹底的に絞り込む企業もあります。
そのため、適当に書類を書いてしまうと、簡単に落とされてしまうリスクが高まりますので、気をつけましょう。

書類選考で落ちる人は要チェック

転職の書類選考で何回も落ちるのには理由があります。その大きな要因は書類選考のための書類の書き方。

採用担当者が書類選考で見るポイントは、いくつかあります。
そのポイントは、企業の絞り込みの度合いや求めている人材の内容などによって異なりますが、全体的な共通点もありますので、最低限把握しておきましょう。

履歴書を見てもらうことを意識しているかどうか

書類選考の書類と言えば履歴書ですが、採用担当者に「見てもらうことを意識して書いているかどうか」というのはとても重要なポイントです。
採用担当者は忙しく、一度に多くの書類に目を通す必要があります。
時系列を無視して経歴を書いたり、志望動機などダラダラと書いたりすると、それだけで読むのが苦痛になり、「見られることを意識していない」と見なされ、落とされてしまう可能性が高くなります。

  • 採用担当者が見やすい履歴書に
  • 時系列に沿って書く
  • 志望動機は簡潔に

 

退職理由

退職した理由は、応募先の企業にとって、「逃げ」の転職でないかどうか、同じ理由で転職しないかどうかを見極める、大事な項目です。
退職理由を曖昧にしたり、書かなかったりするケースが多くありますが、はっきりと書いたほうが好印象を持たれます。

  • 退職理由ははっきりと
  • 理由はできるだけ前向きである

 

求めている人材にマッチするかどうか

企業は、ほしい人材を求めて求人を募集します。
書類選考では職歴や学歴などから、検討していきますが、経験重視かどうかなど、求めている人材の基準によって見方も異なります。
たとえば経験重視であれば、とくに職歴を重視して、仕事や業務に合うかどうかチェックしていきます。
反対に未経験で募集している場合は、職歴よりもその人の人柄や最低限の応募条件を揃えているかどうかを重視する傾向があります。

  • 経験重視なら、前職の業務内容を明確に記載
  • 未経験歓迎なら、性格の明るさや人柄の良さをアピール

書類選考を通過するために

選考書類はA4サイズで、コンパクトにまとめすぎず、適度なボリュームにすることが理想的です。
短時間で理解してもらえるよう意識しながら作成するとうまくいきます。
見てもらうことを意識すると同時に、他の応募者と差別化できるよう工夫する必要もあります。
差別化すると言っても、派手なパフォーマンスをする必要はありません。
文章に気持ちを込めたり、自己PRや志望動機で自分らしさを表現したりといったことで十分です。
前の会社の退職理由を書くことは恥ずかしいかもしれませんが、正直に理由を述べることも忘れないようにしましょう。

 

選考書類

  • 適度なボリュームを
  • 自分らしい自己PRや志望動機を
  • 正直な退職理由を書くことも忘れずに

履歴書の書き方をブラッシュアップ

採用担当者が書類選考で見ているポイントを理解するだけでも、履歴書の書き方に大きな差が出てきます。

もう一度おさらいしておくと

履歴書の書き方

  • 採用担当者が見やすい履歴書に
  • 時系列に沿って書く
  • 志望動機は簡潔に

 

退職理由

  • 退職理由ははっきりと
  • 理由はできるだけ前向きである

 

求めている人材

  • 経験重視なら、前職の業務内容を明確に記載
  • 未経験歓迎なら、性格の明るさや人柄の良さをアピール

 

選考書類

  • 適度なボリュームを
  • 自分らしい自己PRや志望動機を
  • 正直な退職理由を書くことも忘れずに

 

選考書類に対する熱意の差が合否に影響しますので、新しい職場となる企業への熱意を忘れずに、書類選考に臨むようにしましょう。

CONTACT