選考を辞退したいときどうする?電話でかける?メールでも良い?丁寧な辞退方法のマナーについてもご紹介

採用

選考辞退はしても良い?

転職活動に置いては複数社に応募して選考を進めていく方がほとんどでしょう。
しかし面接を受けてみて思っていた業務内容、企業と異なっていたというケースもありますし、第一希望で先に内定をいただけたことがあります。
このようなときは選考を辞退しなければなりません。
ただし、選考を辞退するのは面接同様勇気がいるものです。
せっかく経費をかけたり時間を割いたりしてもらっているのに、辞退したら会社から悪い印象を受けるのではないかと心配になる方もいるかもしれません。
しかし、意外に企業としては選考辞退に対してそれほど気にしていません。
内定直前まで言っていたとしても内定を出していない限りは、ほかにも応募者はいるので問題ありません。
それに選考辞退はよくあるケースですので、企業としても想定内です。

選考辞退を伝える方法

もし他社で内定が決まったなどで辞退をしたい場合は、直接出向く必要はありません。
その方が丁寧ですが、先方も他の業務があるので来客対応の時間を割かなければならず、その分先方にも都合があるので迷惑をかけてしまいます。
そのほかに電話、メールで伝える方法がありますが、いち早く辞退のお願いができるのは電話です。
できれば選考辞退は早く伝えた方がベストです。
最終面接まで進んでいた段階であれば、なお早い方が良いでしょう。
メールで送るのもマナー違反ではありませんが、採用担当者がメールを確認するタイミングによっては辞退の旨がなかなか伝わらない可能性があるためです。
メールをする場合は、たとえば採用担当者に電話をしてもつながらなかったりなどした場合に利用すると良いでしょう。
ただその後に必ず電話でフォローの電話をかけるとより丁寧です。
メールはメールで、辞退の連絡をしている証拠が残りますから悪いことではありません。
しかしやはりメールだけというのも失礼ですから、電話も合わせて行うように心がけましょう。

電話で連絡するときのマナー

選考辞退を電話で行うときにはいくつか注意しておきたいポイントがあります。
まず電話をかける時間ですが、営業時間内に必ず行うことです。
昼休憩の時間やオフィス内が忙しい始業時間前後などは避けて電話をかけましょう。
また、ただ辞退をしたいという旨だけではなく、これまでの期間、自分のために選考の時間を割いて頂いたことにお礼を伝えるとより誠意が伝わりやすくなります。
さらに、電話の際に企業側から辞退の理由を尋ねられることがあります。
このときは「一身上の都合で」で問題はありませんが、「他社から内定がもらえましたか?」と尋ねられることもあります。
このようなときは正直に内定をいただけた旨を伝えて構いません。
また電話のビジネスマナーとしてはこちらからかけてはいますが、先方が電話を切るまで切らないようにしましょう。
通常こちらから電話を発信した場合は、こちらから切るものですが、目上の方に対してはこちらから発信した場合でも、先方から切ってもらうのがマナーとなっているので注意してください。
そして受話器を置くときは静かに置くように心がけましょう。

CONTACT