退職したくてもできない引き留め策を封じ込める看護師の対処法

退職

引き留めに負けずに退職する方法

看護師の職場はハードワークであり、時には逃げ出したくなることもあります。
また、これだけ頑張っているのだから、もっと評価されてもいいはず、もっとお給料をもらわないと割が合わないという方も多いのではないでしょうか。
さらに夜勤がつらいなど生活リズムが合わなくて困っている方や、子育てや家族の介護など家庭との両立に悩んでいる方もいるかもしれません。
今の職場を退職しようと決意し、退職の意向を伝えたところ、引き留めにあってなかなか退職できないという看護師も増えています。
医療現場では看護師不足が深刻化しているのが一番の理由で、今辞められては困るというものです。
「辞めないでほしい、考え直してほしい。」と懇願されるケースや、「今辞められると現場が困る。
助けてほしい。」など、職場の同僚がつらくなるからと同情を買おうとするケース、「代わりが見つかるまで待ってほしい。」と次の人材が決まるまで保留されるケースなどがあります。
看護師は正義感も強く、同僚がより大変な思いをすると考えたり、残される患者さんたちのことを思ったりすると、引き留めにあって気持ちが揺らぐ方が少なくありません。
「代わりが見つかるまで。」との条件付きで、しばし残留を決めたものの、厳しい職場になかなか応募者が現れず、延々と就業を続けることになる方も少なくありません。
結局、退職を申し出たことさえ、うやむやにされてしまいます。
こうならないためには、退職したいと思った時点できっぱりと辞めることが大切です。
引き留めにどう対処すれば、すんなり辞められるのでしょうか。

転職先を先に決めておく

現在の職場を辞めて、より自分を評価してくれる職場や、より待遇がいい職場、より楽に働ける職場に転職したいと考えているならば、先に転職先を決め、入職日も決めておきましょう。
退職する職場には、通常、1ヶ月前までに退職の意を伝えればいいことになっています。
就業ルールに規定がある場合や、申し送りや引き継ぎで時間がかかる職場なら、それも考慮に入れたうえで、先方と入職日を決めておきます。
転職先と入職日が決まっていれば、引き留めにあっても、「もう決まっているので、申し訳ありません。」ときっぱり断れるはずです。
引き留めで逃れられなくなる方は、まずは職場の意向を確かめた後で、転職先を探そうとしているために、うやむやになってしまうケースが多いため、白黒ははっきりさせておくことが大切です。

引っ越し先を決めておく

職場を辞めてしばらくゆっくりしたいといった方なら、思い切って引っ越し先を決めておきましょう。
実家に帰省するでもいいですが、引っ越し業者に見積もりを取るくらいの気概が必要です。
職場との距離が離れて通勤ができなくなるといった状況に自分を追い込んでおけば、引き留めに応じることもありません。

逃れがたい理由を検討して確実に伝える

転職の予定も引っ越しの予定もなく、とにかく辞めたい、でも、引き留めにあったら、ダメと言える自信がない方は、辞めざるを得ないと思ってもらえる理由を考えておきましょう。
たとえば、実家の親の介護が必要になった、家族が病気になり看病が必要、夫が転勤するのでついていかなくてはならないというものです。
真実である必要はありません。
今の時代、多くの人が親の介護を理由に辞めていますが、実際には転職したり、独立起業したりしている人も多いのです。

CONTACT