【転職活動はいつから始めるべき?】オススメのタイミングとスケジュールをアドバイス

転職

転職するタイミングはいつ?

「今の仕事は自分には合っていない」「もっとやりがいがあって高収入をゲットできるところで働きたい」と思っていませんか。
もし、こんな仕事の悩みがあるなら、できるだけ早く転職すべきです。
一度、今の仕事に不満を見つけてしまうと、その気持ちを簡単に解消できません。
ただ悶々と仕事の悩みや不満を抱えていても、時間が過ぎていくばかりです。
年齢を重ねてしまうと転職が不利になってしまうこともあるので、仕事を辞めて新たな職場でチャレンジしてみたいと思ったときが行動を起こすチャンスです。
転職することは誰しも勇気がいることですが、正しい方法で進めていけば思わぬトラブルに見舞われてしまうこともありません。
まずは、ただ闇雲に転職活動を行うのはなく、どのように行動すべきかを知ることから始めてみましょう。

効率よく進められるスケジュールを作成してみよう

思い切って転職活動を進めてみたものの、自分が思っていたような結果を得ることができなかったという方もいます。
これは、おそらく事前にスケジュールを立てなかったことが原因だと思われます。
勢いだけで転職活動を行っても今何をすべきかを自身で把握できず、チャンスを逃しやすくなるので要注意です。
自分に合った転職先を見つけて内定を勝ち取るためには、入念にスケジュールを組むことが大切です。
まず転職活動のスケジュールを組む際には、いつまでに転職を成功させたいのかを明確にすることから始めてみてください。
早い方であれば転職活動を始めてからわずか数週間で新たな職場を探すことができた方もいます。
しかし、気持ちに余裕を持ちながら転職活動を行うのであれば、3ヶ月程度の期間を見越しておいたほうが安心です。
せっかく転職するのですから、早く新たな職場を探すことだけを意識するのではなく、自分に合った職場を見つけることも大切です。

現在、働いている職場をいつ退職するのかを知る

転職活動を行ううえで注意しなければいけないのは、転職を成功させたい時期を把握するだけでなく、現在働いている職場をいつ退職するのかを知ることです。
基本的に退職したい日から2週間前までに退職届を出せば仕事を辞めることができます。
とはいえ、短期間であったとしてもお世話になった会社だと感じているなら、不義理をすることなく誠実に向き合いたいものです。
上司や同僚と良い関係のまま退職できるように、今抱えている仕事をやり遂げたり、引き継ぎが終わってから退職したいという気持ちを上司に伝えたりすることも社会人として大切なマナーです。
退職日と転職先の入社日がかみ合わず、思わぬトラブルが発生してしまうことがないように、しっかりとスケジュールを立て、ベストなタイミングで転職活動を進めてみましょう。
思い切って転職活動を行ったことで自分を成長させられたり、やりがいを感じながら仕事を楽しめるようになったりする方もいます。
転職は逃げではなく、自分のスキルアップやキャリアアップにつながります。
新たな道に進むと決めたら自信を持って行動してみてください。

CONTACT