転職活動中に【疲れた】と感じたこと

転職

ネガティブな気持ちになりやすい転職活動

転職活動をするときにポジティブな気持ちでワクワクしながら行動したという方よりもつらく苦しかったという方のほうが多く見られます。
面倒な履歴書の作成や緊張で頭が真っ白になってしまう面接など、転職活動は悩みになってしまうような大変なことを経験する方もたくさんいます。
実際に転職活動を行った方の中には、「もうイヤ。逃げ出したい」とネガティブな気持ちになってしまったという方も少なくありません。

なかなか採用がもらえなくてつらかった

一生懸命、転職活動を頑張っているのになかなか採用通知をもらえなかったという方もいます。
不採用が続いてしまうと自分に自信がなくなってしまったり、気持ちを入れ替えて行動するのに時間がかかったりしてしまいます。
不採用通知ばかりを受け取った方の中には、気持ちが鬱々としてしまい、うつ病のような症状を患ってしまったという方もいるので要注意です。
なかなか採用通知をもらえないとメンタルに支障をきたし、日々をポジティブに過ごせなくなってしまうのもつらい点です。
しかし、採用通知を得られなかったとしても自分を責めることはありません。
時には、明るくポジティブに自分に都合よく考えることも大切です。
「縁がなかっただけ」「もっと良い会社に出会えるチャンスだ」など、ポジティブシンキングで転職活動を進めていきましょう。
また、ストレスをため込んで心身に負担をかけてしまうことがないように友人と思いっきり遊んだりおいしいご飯を食べたりすることもオススメの乗り切り方です。

転職活動のスケジュール調整が難しかった

現職を続けながら新たな職場探しをするという人は、転職活動のスケジュール調整が難しいと悩んでしまいがちです。
いつ今の仕事を退職できるのか明確になっていないと転職先の入社日を決定させることもできません。
また、面接に行く時間を作ることも難しく、希望していた転職先に入社するチャンスを逃してしまったという方もいます。
このようなトラブルを回避するには、まず退職日を決めてから転職活動を行うことが大切です。
ただ闇雲に行動を起こしても現職に支障をきたしてしまいます。
転職先の面接に余裕を持って足を運べるように、現職の仕事を調整しながら転職活動を進めていきましょう。

思った以上に無職期間が長引きお金の不安があった

思い切って前職を退職したものの、なかなか転職先が見つからず生活費の捻出に困ったという方もいます。
仕事がなかなか決まらないのもつらいですが、収入が途絶えてしまい十分な生活費を確保できなくなってしまうとメンタルが安定しません。
転職活動を行う際には、できるだけ多くの貯金を用意し生活費を確保しておきましょう。
お金に余裕があれば気持ちが焦ってしまうこともありません。
自分の希望に沿う会社選びを行うことができ、妥協することなく転職活動が行えます。
転職成功者の中には、事前に前職の給料の3ヶ月分を確保したうえで仕事探しを始めたという方もいます。
お金の余裕は気持ちの余裕にもつながるので、まずは自分が安心できる金額を貯めることから始めてみてはいかがでしょうか。

CONTACT