【住宅ローン】転職直後でも組むことは可能?

転職

転職直後の住宅ローンって可能?

転職直後の住宅ローンは組むのが難しいと言われています。
ですが、可能性としてはゼロではありませんので、転職直後の住宅ローンについてメリットとデメリットを把握し、検討してみてはいかがでしょうか。
ここでは、転職直後の住宅ローンについて解説します。

転職直後に住宅ローンが組めるケース

住宅ローンを組む際、「勤続年数」が重要視されます。
住宅ローンは返済が長くなるため、経済状況が安定していることが条件というのが理由になります。
転職直後は勤続年数が少なく、それを理由にローンを組むのを断られることもあります。
ですが、転職することによって収入がアップしたり、これまでの職歴から、キャリアアップにつながる転職だと見なされたりする場合、審査に通ることもあります。
転職した理由に関わりなく、収入面で返済能力があると判断されれば、転職直後でも住宅ローンを組むことは可能です。

転職直後に住宅ローンを組むメリットとデメリット

転職直後に住宅ローンを組むデメリットには、審査が厳しくなる、仕事を始めたばかりで収入が不安定といったことが挙げられます。
審査が厳しくなるので、転職前に住宅ローンに申し込む人もいますが、転職してすぐに辞めてしまった、会社ともめて離職してしまった、給与が大幅にダウンしたなどのリスクがあります。
転職後に住宅ローンを組めば、こうしたリスクを避けられるというメリットが生まれます。
転職後なら、しばらく働いて続けられるかどうか見極めてからローンの申し込みが可能です。
転職直前よりも、転職直後のほうが、考える時間も多くなるのではないでしょうか。

転職直後に住宅ローンを組む際に気をつけること

転職直後に住宅ローンを申し込む場合、申込書に転職歴を記載します。
加えて、関連書類の提出が求められることがあります。
転職直後の住宅ローン申し込みの際に、求められる主な書類には「給与明細書」「年収記載の雇用契約書・採用通知書」「年収見込証明書」などがあります。
その他所得証明書などの書類も必要になりますが、住宅ローンを申し込む金融機関によって異なりますので、事前によく確認しておくことをおすすめします。

迷ったら専門家のアドバイスを参考に

転職直後に住宅ローンを申し込むことは可能であることはわかりましたが、「本当に審査が通るのか」など、不安が拭えない人も少なくありません。
確かに転職直後の住宅ローンに難色を示す金融機関もありますが、反対に審査のゆるいところもあります。
金融機関探しなど負担を感じるようであれば、ファイナンシャルプランナーといった専門家からアドバイスを受けることを検討してみると良いでしょう。
世の中には、転職直後に住宅ローンを組みたいと検討している人も多くいます。
そうした人たちのために親身に相談に乗ってくれる専門家は必ずいますので、あきらめずに探してみましょう。

最後に

審査が厳しくなるだけで、転職直後でも住宅ローンを組むことは可能です。
新しい就職先で仕事が続けられるか、返済できだけの収入があるかどうかなど、返済の目処がある程度立つようであれば、検討してみる価値はあります。

CONTACT