同一賃金同一労働ってどうなっているの?得する人と損する人がいるって本当?

時事ネタ

同一賃金同一労働とは?

同一賃金同一労働という文字だけを見てしまうと、同じ仕事をして同じ給料しかもらえないような意味に感じる方もいるかもしれません。
近年になって大企業で施行し始めたばかりですので、一体どういったものかわからない方の多いのではないでしょうか。
意味としては、正規雇用の方も非正規雇用の方も、待遇の差をなくし評価していきましょうということを言っています。
この制度には、得をする人と損をする人が出てきますので、詳しく説明します。

頑張れば待遇も上がる

これまで派遣やパートで働いていた方も正社員と同じような仕事をさせられる場合があっても、大きく評価されることはほとんどありませんでした。
正社員であればボーナスに反映されていたものも、同じ時給でボーナスなしというのも当たり前だったのです。
しかし今回、同一賃金同一労働が始まることにより、非正規雇用である契約社員や派遣社員、パートでも頑張れば評価されるようになります。
さらに成果を出し評価を受けると、正規雇用の人たちよりもお給料やボーナスをもらえるのです。
頑張って努力が認められると目に見えた評価を受けられるので、やる気も変わってくるでしょう。
福利厚生なども正規雇用のみの特権だったものも、同じように受けられるようになります。
もうすでに同一賃金同一労働は始まっていて、大企業では2020年4月1日から施行されています。
中小企業は1年後の2021年4月1日から始まりますので、これから会社から従業員への評価の仕方が変わってくるでしょう。

非正規雇用でもチャンスが広がる

これまでどんなに頑張っても評価をされにくく、時給が多少上がる程度だったかもしれません。
しかし非正規雇用でも同一賃金同一労働のおかげで、しっかりと仕事ぶりを評価してもらえます。
さらにこれまで正規雇用しか受けられなかった福利厚生も受けられ、働きやすさを感じる方は増えるでしょう。
正規雇用になるまで辛抱しなくても、非正規雇用のままでしっかりと評価を受けられます。
もし働いていて、非正規雇用の人が正規雇用の人よりも待遇が悪く疑問に思ったときには、会社に理由を聞けるようになりました。
そして会社側でもどのような理由があって正規雇用だけを待遇しているのか、必ず答えなければならないと決まったのです。
仕事を辞めるときに退職金をもらえるようになったり、年に何回かボーナスも受け取れるようになったりします。

正規雇用は損する人も出てくる

非正規雇用の人たちと均等の待遇にするために、元々あった福利厚生が受けられなくなるケースもあります。
今まで正規雇用だからという特典が、なくなるという場合もあるのです。
食堂を利用したときに無料で食べられた定食が、非正規雇用と同じくお金がかかるようになったりもします。
さらに非正規雇用の人よりも自分が能力が劣っていると評価を受けた場合、今まで安定してもらえていた給料が下がる場合もあります。
年功序列で年々黙っていてもお給料が上がっていた方も、これからは実力によっては下がるのです。
しっかりと仕事で成果を出す努力をしていかないと、正規雇用の方は損をします。

CONTACT