【転職者必見】入社時に必要な書類を知ってスムーズに転職しよう

転職

入社時にも提出する書類がたくさんある

転職すると、入社時に必要な書類の提出が求められます。
提出が必要な書類は複数あり、中には揃えるのに日数がかかるものもあります。
入社後の手続きがスムーズに済むように、事前に準備しておくと後が楽になります。
ここでは、入社時に必要な主な書類についてご紹介します。

入社時になぜ書類は必要?

入社時に書類が必要になるのは、主に会社の都合からです。
新採用でも中途採用でも、企業は新しく人を雇った時点で、さまざまな手続きをしなくてはなりません。
社会保険や労働保険の登録など、期限内に行うことが義務付けられているものもありますので、会社は各手続きに必要な書類を、新社員から提出してもらう必要が出てきます。

入社時に必要になる主な書類

入社時に必要になる主な書類は、以下のとおりです。
ご紹介するのは、すべて必ず求められるわけではありませんが、ほとんどの企業で提出を求める書類ばかりです。

年金手帳

厚生年金加入手続き時に必要です。
年金手帳は通常自分で保管していますが、会社に預けている場合もあり、退職時に返してもらえます。
もし年金手帳をなくしてしまったら、社会保険事務所で再発行の手続きをします。

源泉徴収票

提出する源泉徴収は、前に働いていた職場のものになります。
退職時に必ず出されますので、失くさないように大切に保管しておきましょう。
新しい会社に提出するのは、年末調整を受けるためですので、新しい年になって入社した場合は、不要になることもあります。

マイナンバー

厚生年金をはじめ、健康保険や雇用保険に加入する際必要になるのがマイナンバーです。
マイナンバーがあると各手続きがスムーズに行えますので、提出を求められたら、ほかの書類とともに忘れずに出すようにしましょう。

給与振込先の届書

給与振込先の口座番号を会社に伝える書類です。
通常は企業が作成した用紙に記入します。
給与振込先の届書と同時に、銀行通帳の支店名や口座名が記載されているページのコピーを求められることもあります。

扶養控除等申告書

税金や社会保険などの手続きに必要となり、扶養家族がいてもいなくても提出します。
扶養控除等申請書には法令用紙があり、規定に沿って記入する必要があります。
用紙には捺印する必要がありますので、印鑑を用意しておくと良いでしょう。

雇用保険被保険者証

前に勤めていた職場から出される用紙です。
受け取っていない場合は問い合わせてみましょう。
もし雇用保険被保険者証を紛失してしまったら、住所を登録しているエリアを管轄するハローワークで再発行してもらいます。

健康保険被扶養者異動届

扶養家族を持つ人のみが提出する書類です。
扶養控除等申告書と同じく、法令用紙に必要事項を記入し、捺印します。
用紙は通常新しく入社した会社から渡されます。

企業によって提出が求められる書類もある

企業によっては健康診断書や入社誓約書、身元保証人などが必要な場合もあります。
入社時に提出しなければならない書類は複数ありますので、入社したらよく確認することが大切です。

必要な書類は速やかに準備を

書類の提出はできるだけ速やかに行うことが求められますので、就活の段階から準備できるものはしておくことをおすすめします。
必要な書類の中には、紛失しやすい小さな用紙もありますので、保管には十分気をつけましょう。

CONTACT